記事一覧

No.0679 受刑者について考える

配信 2006-06-12
*======================*
  元祖 万<よろずがく>学 No.0679
*======================*
作成 2006-04-10
課題 受刑者について考える

 犯罪大国とされている日本国内での受刑者数は、
近年増加傾向にありますが、それに伴った対策が
日本国家政府によって行われているのでしょうか?

 懲役などの受刑者が必要とされる年間の費用が
150〜250万円とされており、それにおける負担を
国家予算にて行われている事実を御存知ですか?

 また再犯による事実から、国家予算を食い潰す
存在だけとなってしまっている事実もあります。

 こうした現象を解消すべく手段が近代先進国に
求められていますが、人口多産を要求する政府の
一般国民への要求が新たなる犯罪を生み出す為の
行為へと繋がっている事実も把握する必要がある。

 私達は、単独的な存在から異性を求める事で、
自らの子孫を残そうとします。更に先進的文化は、
同性による子孫的繁栄でわなく、単独的な文化の
営みを共有したりしる行為も、徐々に認められて
きています。

 人類における種の保存による極意は、優秀なる
遺伝子を残そうとする本能的な行為でもあって、
それに伴う更なる極論は、”生き残ること”です。

 犯罪者であっても、結論的に生き残る事などが
優先されるのですが彼らも人間と言う生物であり、
私達が勝手に決めた共存における規律条件にて、
身柄を拘束、制裁されている。

 もしも、規律がなければどうだったでしょうか?

 実は、既にその点についても個人的に予測等を
してみたのですが、規律無しに人間が文化的なる
営みを出来ないと言う結論に達しています。

 さて、経費として消費される受刑者に費用等を
手段としては、以下に更正力を持った裁判制度や
社会環境を築けるかが課題であって、犯罪者達を
”撲滅、追放”などと言う「排他、軽蔑」などの
人権侵害に値する行為を正当化する似非正義論と
異なる手段を選択しなければなりません。

 ここまで解った所で、貴方に何ができますか?

 
*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆
(万学的、帰ってきた天才、秀才、HIROとその仲間♪)

<お題>
万学的、受刑者について考える

天才 規範がなければ、犯罪も存在しない。

博士 共存の権利を追及するがゆえに規範がある。

秀才 受刑者への更正への環境を整える必要がある。

HIRO 犯罪の発生しない環境作りが大切です。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =