記事一覧

No.0669 自動車の進化と実用性

配信 2006-04-18
*======================*
  元祖 万<よろずがく>学 No.0669
*======================*
作成 2006-03-20
課題 自動車の進化と実用性

 まず国内規定で最高制限速度枠が時速100kmまでと
定められておきながら平然と140km以上も出る車体が
多く存在しており、そうした有り余る機能を制御し
販売しても簡単に解除が出来てしまう現実に大きな
疑問を感じてしまう。

 まず、そうした自動車の不要な性能余力などは、
ある意味で無駄な能力であって、そうした能力より
安全な運転性を高める機能の方が求められている。

 車内TVから、Navigator(なびげーたー)などに
Digital Panel(でじたるぱねる)などへの進化に
加えて、BackCensor(ばっくせんさー)等を含めた
死角CensorやCamera(かめら)、車輪の駆動制御も
可能になっている。

 Missionも手動式から、Automatic形式が主流にと
なりつつあり、近年でわ大型車両もAutomatic形式の
車両に転化されています。

 しかし自動車の問題点としては、やはり排気等に
よる公害の問題であって、深刻に問われている割に
その対策効果が現実的に現れ難い状態になっている。

 Sheet Belt(しーとべると)などでの安全装置に
AirBack(えあーばっく)が加わって、更に補助の
Side Air Back(さいどえあーばっく)等の機能が
加わっており、車両自体にも”衝撃吸収構造”が
施されている。

 また最近では、前方にある障害物などを察知して、
自動的に速度や制動(Brake等の効果)を制御する
機能が備わった車両が販売されています。

 そのような機能が付いた自動車なら事故は・・・?

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆
(万学的、帰ってきた天才、秀才、HIROとその仲間♪)

<お題>
万学的、自動車の進化と実用性

天才 車の発明は、未来へのTimeMachineであった!

博士 排気Gasの問題が世界規模で広がっいる。

秀才 水素Energyの発展が人類の未来を左右する。

HIRO 古き良き物、常に進化する!

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =