記事一覧

No.0667 公害問題は、宇宙にまで?!”Space Debris”

配信 2006-04-10
*======================*
  元祖 万<よろずがく>学 No.0667
*======================*
作成 2006-03-02
課題 公害問題は、宇宙にまで?!”Space Debris”

 近年、宇宙開発も進んでおりますが、その半面で
やはり公害という物が発生をしてます。その名も、
SpaceDebris(すぺーす・でぶり)と呼ばれており、
宇宙船の打ち上げや宇宙空間での損壊などによって
発生をしますが、これにおける存在が新たな脅威に
なっています。

 無重力空間で地球起動を浮遊するSpaceDebrisが、
SpaceShuttle(すぺーす・しゃとる)や人工衛星に
垂直にぶつかると、その威力が構成の爆弾と互角の
破壊力で襲ってくるそうです。

 例としてわSpaceShuttleの耐熱Tile(たいる)が
剥がれ落ちた場合には、地上へと燃え尽きず落下を
してしまう現象も含めて、地上の私たちにも脅威を
齎しますが耐熱性の物で無い場合は、殆どが大気で
燃え尽きてしまうそうです。

 人類規模での人間としての文化的な特徴として、
”公害と言う副産物を始めから考慮し対処しない”
と言う特徴があるようです。どんなに最先端技術を
持っていても人類が自ら生産した物で苦しめられる
と言う現象の解決へは、思考の進化が遅れている。

 それは、まるで妊娠を目的としてるSexと快楽を
目的としてるFuckの違いなどが、解らないと言う
ことと似てるのかもしれない。むしろそうした性の
延長線上に”産業における公害零発生回避”がある。

 我々は、それらの”人間の性”を少しづつにでも
克服してゆかなければならない・・・。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆
(万学的、帰ってきた天才、秀才、HIROとその仲間♪)

<お題>
万学的、公害問題は、宇宙にまで?!”Space Debris”

天才 人間自身が、生命体のゴミで形成されている。

博士 最先端の科学を用いて公害を発生させている。

秀才 ”国家認定許容範囲”の存在が原因である。

HIRO 人間の住む所に、ゴミの無い所は、無い?

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =