記事一覧

No.0664 消費者金融は、銀行から資金を得て運用?

配信 2006-04-04
*======================*
  元祖 万<よろずがく>学 No.0664
*======================*
作成 2006-03-19
課題 消費者金融は、銀行から資金を得て運用?

 日本経済が不景気になり、消費者金融や悪徳金融、
その他の融資金融業者の利用率が高まってる半面で
自己破産などと言う結果に至ることも少なくない。

 しかし、この消費者金融が銀行から約2%の金利で
借りた資金を、自分の顧客に対して金利を約27%等で
貸し出しをしてる。つまり、約25%の利潤があるとの
ことなのですがぁ〜。

 もともと貸出審査が銀行と比べ物にならないぐらい
緩やかで、回収が不能になった債権を補填したりする
ための自己資産枠を準備する必要もあり、利率なども
高くする必要があったそうです。

 つまり、予めに利率から補填分までおも確保して、
それによる利益で補填をしたりすることが可能になり、
こうした運用を各loan(ろーん)企業や、CreditCard
(くれじっとかーど)企業も参入し、更にわ銀行等も
介入をしているそうです。

 まぁ、銀行自身や巨大資金を持っている企業などが
自ら直接に運営をすれば、更に低い金利でも十二分に
運用が可能になるそうです。

 日本国自体の国民性を含めて、まるで社会主義での
”理想的共同生産主義”を「理想的個人の生産」へと
転化したに過ぎないような現状では、共産主義などの
国家的な崩壊が表見的に発生しても、すっかり個人の
資本的経済文化には、『理想的未来への投資』を基に
運営された集合体である国家が、日本国として存在を
していることで纏まる。日本国の国家自体の運営も、
結局のところ”未来・将来”と言うニンジンを国民の
前にぶら下げられているようなものだろうか?

 自分の理想的な人生を生涯追及をできると言うのは、
とても幸せなことで、更に日々その理想を更新できる
環境は、人類の進化をも左右する事にも繋がるのだと
個人的に考えています。

 産業における分野でも、やはり考え直してみるなら
農業などの生産が中心であって、それを補助する形で
第二次、第三次産業があるのでわないでしょうか?

<参考文献>
経済のことよくわからないまま
      社会人になってしまった人へ
著者 池上 彰
出版 海滝社

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆
(万学的、帰ってきた天才、秀才、HIROとその仲間♪)

<お題>
万学的、消費者金融は、銀行から資金を得て運用?

天才 又貸しで利益を得られる合法的な手段だ!

博士 理論的には、これ以外にも多くの錬金術が!

秀才 非合法的な利益獲得よりは、ましな手段だ。

HIRO 私も御世話になっております。Σ(〃▽〃) 

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =