記事一覧

No.0663 脳死者から両腕を移植!

配信 2006-03-30
*======================*
  元祖 万<よろずがく>学 No.0663
*======================*
作成 2006-03-18
課題 脳死者から両腕を移植!

 フランスの病院で、脳死患者から両腕を移植して
術後も順調だという、BlackJackの手術技能がついに
現実的に公開された!?

 理論的にわ可能だと言われていた、あらゆる移植の
手術ですが、現実的に成功したと言う事例が世界的に
公開される例は、当時だと少なかったようです。

 この手術に携わった医師は、既に片腕の移植手術を
成功をさせている。そもそも、この手術には、素早い
作業が要されており、主神経や骨、腱等を繋ぎ合わせ
なるべく早く血液を循環させる必要があるようです。

 近年では、臓器移植に関して”人体の売買”なども
問題になっており、世界中の発展途上国や準先進国で、
深刻な問題とされています。日本国内でも闇金融から
借よした資金の返済が滞る相手に対して「臓器などを
売ってでも返済をしろ!」と言うような脅迫としての
文句としても世を騒がせました。

 日本でも脳死患者からの臓器提供などを基にして、
移植手術が公開され、もはや公然的に行われる手術と
して日本国民にも受け入れられている半面で、海外で
移植手術を受けようとの試みから、街頭募金などにて
資金を集めて、海外で移植の手術を受けるという事も
公然化している。どちらにしても脳死患者の患者から
提供された臓器を基に移植をすると言うことと、更に
脳死者で且つ臓器を提供する人を待つ、移植を待ちの
患者という、異社会的な人間関係なども確立している。

 そうした人間社会の倫理性から近年は、人間以外の
動物に人間の遺伝子を加えて、人間の臓器としてでの
適用を可能にさせる研究が世界中で行われています。

 人体移植という行為から、更に人体動物移植と言う
時代を迎えようとしている医学の世界の進化もにも、
今後の目を見張る必要がるようです♪

<参考文献>
月刊新聞ダイジェスト(Digest)
2000.3 No.405 P114

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆
(万学的、帰ってきた天才、秀才、HIROとその仲間♪)

<お題>
万学的、脳死者から両腕を移植!

天才 BlackJackの物語ががついに現実と化したか!

博士 不思議にも人間の理想は、小説、アニメから。

秀才 発明は、物質的だが、世の中の殆どが空想から。

HIRO 長い時間をかけて現実と化する物語の世界。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =