記事一覧

No.0657 音楽

配信 2006-03-02
*======================*
  元祖 万<よろずがく>学 No.0657
*======================*
作成 2006-02-07
課題 音楽

 ”Rhythm(リズム)”と人間の運動神経との関係に
関して過去に課題として取り上げたことがありますが
今回は、音楽全般を課題としたいと思います。

 音楽には、音と”Rhythm”があって成立する物だと
私的には、思っています。

 そこに歌詞が加わると、最強の武器になる事もある。

 それこそOrchestra(オーケストラ)の作曲等でも
色々と考えてみれば、あれほどの音楽を作曲できると
言うことは、とても凄い能力となります。

 音楽を作ると言うこと・・・。

 私達人間も、母親の胎内に居る時から母親の心音を
聞いて育ち、生まれた後も本能的に陽気なRhythm等を
好み、そして無意識に踊ってしまう。

 どうして我々は、音楽に共感をしてしまうのだろう?
例え歌詞が無くても、それにおける曲調で喜怒哀楽を
感じ取り、各々が聞き想像した世界が広がってゆく。

 Orchestraの世界では、Operaなどを除けば音だけに
よる表現で、観客の心を動かすことになるのですが、
そこにわ音だけではなく曲を演出する各楽器演奏者の
巧みな演出がある。

 言葉が無くても音で相手に物を伝えると言う行為は、
色々な生物でも使われている行為であって、鯨による
”愛の歌”は、地球を半周するほどの広範囲に広がる。

 歌を謡うという行為もあるのですが、楽器だけでの
行為の場合には、その表現力とそれを聞いている人の
感覚とで、多きくずれてしまう事がある。
 
 音声における信号によって合図を決めたりなどとの
決め事があると意味合を把握できるのかも知れないが
楽譜を読めた所で、その曲が何を物語っているのかを
感じるのは、各々の感性によってことなるし、演奏を
している人の表現力によっても異なる事になる。

 一人の人が一つの楽器で同じ曲を演奏をしてみても、
表現力にて悲しく聞こえたり、楽しく聞こえたりする
ことからも、曲によって人の感情を動かすことなどが
可能であることがわかる。

 行進曲などについても、そうした心理を付いた物と
言えるのかも知れません。

 私も、音楽と言う存在に対して不思議なる魅力等を
感じてますが、まだまだ未知の存在です。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆
(万学的、帰ってきた天才、秀才、HIROとその仲間♪)

<お題>
万学的、音楽

天才 音楽は、人を惑わす。

博士 音によって、動物を支配することが可能である。

秀才 Rhythmが無ければ、音楽とならない。

HIRO (‘O`)_♀僕わぁ〜地図帳広げてぇ〜♪

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =