記事一覧

No.0652 Nobel 受賞者の意外な一面

配信 2006-01-16
*======================*
  元祖 万<よろずがく>学 No.0652
*======================*
作成 2005-12-31
課題 Nobel 受賞者の意外な一面

 Nobel賞受賞者達を一般人と比較しても、それぞれ
特殊な能力や思考を持った人達であることが解かる。

 そして面白いことに意外な事実を秘めてる場合も
あるのです。

 相対性理論で有名な”Albert.E”の受賞に関する
理由は、相対性理論でわありませんでした。多くの
理論を発表した”Albert.E”の理論の中でも光学に
関する分野の功績が認められての受賞だったのです。

 また、Curie夫人を御存知の方も多いと思いますが
このCurie家は、その後で家族ぐるみで5つNobel賞を
受賞しており、Curie夫人自身が二度も受賞している。

 Amateur(アマチュア)無線家(通称HAMRadio)の
神様とされているGugfielmo.M(ググリエルモ.M)は、
電波を利用した送受信機を発明しました。もともと
発明家だった彼は、これ以外にも色々な発明等をして
世に貢献したことが受賞の対象になっています。

 そして医学部門で現在に至っても、その受賞理由が
疑問視されている受賞者がおり、”John.M(ジョン.
マックラウド)”が、その一人とされているそうです。
彼は、Insulin(インシュリン:糖尿病の特効薬)の
研究をしたという当時町医者だった”Frederick.B(
フレデリック.バンディン)”が、”John.M”の研究
施設をInsulinの研究実験の為に”Frederick.M”の
研究室を貸して欲しいと願い出ていました。しかし、
その都度に断られていたのですが、結局わ根負けして
外出している8週間の間だけ、実験用の犬と研究室を
貸すとの条件で”John.M”に貸しました。その後での
実験にてInsulin実験が成功し受賞へと至るのですが
その際に、実験室と犬を提供した”Frederick.M”も
受賞の対象となりましたが、それ自体の研究実験にと
参加した人達が対象にならず、”John.M”が激怒した
と言われています。その後に、同研究をした者たちと
受賞金を分け合うことで事を治めたそうです。

 ちなみにNobel賞第一回の受賞者には、”Roentgen
(レントゲン)”が居まして、この”Roentgen”が
発見したのが有名な”X線(未知な物であることから
)”と名づけられたものは、現在の医学等でも実用が
されております。

 Nobel賞自体”Nitroglycerin(ニトログリセリン)”
などの”Dynamite(ダイナマイ)”を発明し、巨万の
富を得たことにより、あるあまる財産を発明によって
人類規模での発展的功績を治めたと認められる人物に
対して賞金を与える「Nobel賞の基金」として利用を
するように遺言を残し、それが素になって現在に至る。

 Nobel賞は、1901年から始まり来年で105年になる。
そして受賞者達の多くが、世界規模で先進国の義務
教育に使用される教科書に、その栄光と実績などが
受け継がれつつ新たなる発明者を産みだしています。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆
(万学的、帰ってきた天才、秀才、HIROとその仲間♪)

<お題>
万学的、Nobel受賞者の意外な一面

天才 天才は、一般人と異なる一面を持っているのだ。

博士 博士の中にも奇人と呼ばれる人も居たりする。

秀才 奇人と呼ばれても博士号が欲しいものである!

HIRO 一般人の分類で奇人と呼ばれているのですが♪

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =