記事一覧

黒字でも、人材を、削減

業務の電子化に、伴う、Restructuring

 人材から、電子的機器への移行で、雇用枠の引締めが、生じている、傾向に、有る。

記事
「黒字リストラ」拡大、19年9100人 デジタル化に先手
 ・日本経済新聞社
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年01月13日 02時00分

語句
・Restructuring
 ・Wikipedia

僕の見解

 人材による、製造業では、『人口(民)の多い国で、生産する方が、圧倒的に、予算の軽減が、行えつつ、利益性も、高い、事』から、国内での大型製造業は、伸び悩みつつ、工場の拠点を、海外へと、移す、企業は、二十年も前から、生じている。

 また、国内では、製造業における、機械(及び、自動)化生産も、だいぶ前から、進んでおり、「あらゆる分野の製造業で、人材(作業員)の必要性が、少なく、成った」のも、現状。

 例外的に、加工食品系(弁当の製造、食ぱん、等)では、外国人の人材を、雇用する形式が、二十年以上も、前から、盛んで、それにより、『在日外国人労働者による、文化的侵食の問題』が、各地で、生じている。

 時代的には、農業を、含めて、あらゆる分野で、自動化の枠が、広がっており、『人材の不足』と、言っても、『これ迄と、異なる、人材の質』が、求められ、「相応の能力を、有する人材が、不足」と、解されつつ、「旧世代的労働の能力は、業務の場が、減少の傾向に、成る」とも、『だいぶ前から、予測』されていた。

 前節の『だいぶ前から、予測』との部分では、『クレージーのぶちゃむくれ大発見(映画:昭和44年:本記事の投稿時から、約五十年前)』でも、娯楽的に(映画を、介する形式で)、大衆へと、将来(未来:電子的計算機が、業務の中心と、成る、世間)の事情を、伝えている場面が、有る。

 更に、『自動車の自動運転化』では、『運転手(人材:労働者)の存在』が、問題視されており、国際的にも、『大型、中型、小型の輸送』(旅客自動車、Bus、Taxi、等を、含む)が、自動化される、事で、『(A)運転手が、職を、失う、可能性が、危惧されつつ、(B)大暴動*1を、引き起こす、危険性』も、有る。

 よって、「企業に、残りたい」と、思う(想う)、人材は、「企業が、求める労働的能力を、有する必要が、有る」と、想われる。

 なお、「『再就職』と、言う部分でも、困難が、生じる、可能性が、有る」ので、やはり、「時代的相応の能力を、得る、事が、重要に、成る」と、判断する。

語句
・クレージーのぶちゃむくれ大発見(映画)
 ・Wikipedia

・Taxi
 ・Wikipedia

*1:多くの国では、『外国人でも、行える、業務』との観点で、Taxi、等の業界に、外国人労働者が、色々と、見られ、それらによる、『労働的問題からの、暴徒化』が、懸念される。