記事一覧

No.0634 ”運動神経”と”喜怒哀楽”を刺激する音楽

配信 2005-12-10
*======================*
  元祖 万<よろずがく>学 No.0634
*======================*
作成 2005-11-20
課題 ”運動神経”と”喜怒哀楽”を刺激する音楽

 何事にもRhythm(リズム)と言う物は、重要だと
思います。特に運動的感覚には、不思議とRhythmが
重要になってくる。

 私がMotorSports(モータースポーツ)に熱中して
いる時には、やはり反射神経と頭の中でわRockなどの
Tempo(テンポ)の良い曲が流れていました。

 MotorSportsの場合には、通常の運動神経以外にも
走行中の危険や不安などのPanic(パニック)にも
耐えなければなりません。

 しかし頭の中でRhythmを想像しつつ更に”走行する
Line(ライン)”(自分が走行しようとする仮想な
走行線)”も、Image(イメージ)している。

 自分で運転しているのだけども何故か自然と調和を
してないと、その走行におけるRisk(リスク)などが
不本意にましてしまうことになる。

 つまり走行するに当たって本能的に走行をしている
ようでも、実際において予め様々な走行等を経験して
それらから予め予測される危険などのRiskを想定し、
最大限の能力を発揮しつつ、想像が飽和する危険的な
行為へとならないように自らの行動や精神をSaveする。

 そうした中でRhythmが恐怖感を中和しRiskやPanicに
対しても的確な反射的行動を行えるような、不思議な
力がRhythmにわあるようです。

 人間の反射神経と音楽のRhythmとの関係には、何か
重要な関係があるのかもしれませんが、反射的神経と
関係があるというよりは、もしかすると頭脳的関係と
Rhythmに重要な繋がりがありそうです。

 Orchestra(オーケストラ)などの演奏においても
映画などのように画像などみつつ演奏を聴くと、更に
盛り上がるように、音楽と人間の神経などの関係には、
面白い関係がありそうです。

 Sports等の運動的な神経を刺激するだけでなくて、
”喜怒哀楽”などに関しても刺激がされて、雰囲気を
高調させる。

 踊りや演劇においても昔から音楽が使用されており、
楽器を使わないまでも、音調を声で発しながら演技を
行ったりする。

 人間の本能として外部からの音やRhythmと言う物は、
とても重要なものとなっているようです。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆
(万学的、帰ってきた天才、秀才、HIROとその仲間♪)

<お題>
万学的、”運動神経”と”喜怒哀楽”を刺激する音楽

天才 反射行動とRhythmの関係は、不思議である。

博士 音楽で気分的向上も図れて、行動力も増す。

秀才 反射行動のTimingを測りやすくなるらしい。

HIRO えんやぁ〜とっと♪ えんやぁ〜とっと♪

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =