記事一覧

No.0633 融合

配信 2005-12-08
*======================*
  元祖 万<よろずがく>学 No.0633
*======================*
作成 2005-10-22
課題 融合

 融合は、二つ以上の物質などが溶けて一つになる
ことを意味しています。

 さて、今現在における日本人の物事の考え方は、
比較的に焦点型であってPinPointで問題等を見出し、
解決してゆく方法が取られている。

 しかし結論として、その場しのぎの方法であって
予防策などを考慮されていないのが何事においても
言える現状だと思われます。

 例えば、朝鮮民主主義人民共和国による拉致問題。
これにおける焦点は、国家間での拉致問題”ですが、
不思議と拉致から帰国した人の待遇は、かなりの物。
むしろ同じ日本国民の多くから反感を受けるが如く
過剰な高待遇で持て囃されました。

 これにおける結論。拉致されても生きて帰れれば、
高待遇を受けられる?

 さて、そこで真意なる問題です。現状においては、
日本国内における”行方不明者”は年間においては、
犯罪白書や警視庁などが発行している記録などにて
全国で1万人以上いるそうです。私的なる推測では、
その内の一割程度は、既に死亡していると予測して
考えています。当然、自殺なども含めてのことです。

 また日々に発生をしている残虐な事件、事故等も
考えれば、それらにより国内事情がどの程度悪化を
しているかが予測されます。

 明治、昭和を経て平成を迎えて17年の月日が経ち
日本人として私達は、人類史から何を学んだのか?
また、学ぶべき内容を的確に得ているのでしょうか?

 医療や政治、犯罪、法律など全ての分野において
あらゆる問題が生じております。それらが発生する
原理を把握することが、重要となってくるのです。

 医学の分野でも西洋医学と東洋医学の違いにて、
西洋は、PinPointで薬を投与するが東洋の場合には、
漢方などを経て、身体の健康や免疫力を高める事で
病気を治す手段が主体となるそうです。

 こうした、あらゆる方法をこだわりなく融合的に
使用できる技術者が求められているのが現在日本の
世界規模での国家使命だと言っても過言でわない。

 法律においても、予め発生される事が判っている
情況を法律において論理的に規制し、刑事犯等では、
審判を経て刑罰を強制的に課することで、社会的な
秩序を守ろうとしていますが、その情況も限界点に
達しており、日本国内の刑務所などは、軽犯罪等に
おける犯罪者を収容できずにおり、更に刑務所等を
出所しても、更生できずに再度刑務所に帰ってくる
場合も多くあるようです。

 この刑事犯における問題でも、法規などが適切に
日本国民に効果を与えてない結果と言えるでしょう。

 風が吹くと桶屋が儲かる・・・。

 この心理を皆さんは、理解できますか?
そして融合的に、あらゆる方法を用いて円満的にと
問題を解決する手段を追求するのが我々の使命です。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆
(万学的、帰ってきた天才、秀才、HIROとその仲間♪)

<お題>
万学的、融合

天才 水と油の融合諭

博士 化石燃料の融合解析諭

秀才 水の原子的融合過程諭

HIRO 愛しき彼女と、Betの上で融合諭♪

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =