記事一覧

No.0624 Cult

配信 2005-08-16
*======================*
  元祖 万<よろずがく>学 No.0624
*======================*
作成 2005-07-28
課題 Cult

 もともの原語は、Cult=Latin語 の”colere” で
『宗教意識が強い文化的活動を示した、儀式や崇拝を
意味する』とのことでした。

 この”Cult”なぜかそうした原語がありながらも、
現代日本で言われている”Cult”とわ『宗教的意識と
現代社会における反発による文化保守形式を形成して
独自の社会を築き上げている。

 私の中で”Cult”と言う概念は、『神等を崇めつつ
人を従順させ、本来存在している社会規範などの枠を
超越し、例え法的、規則的に違反な行為であっても、
教祖や”Shaman”からの命令は、使命として遂行する
ように人材を作り出し、独自の文化や社会集団となる
教団をの存在を守りつつ他文化を攻撃したりもする』
と解釈をしています。

 ある意味で、政治思考に伴う”過激派”等と分類を
される団体や個人でも、何かしらの信念等に基づいて
不法行為に至る場合が多い。

 例えば「サカキバラセイト」と言う名目で殺人罪を
犯した未成年者がいますが、彼の心の中にも独自なる
信仰があり、殺人などにおける行為などから察するに
「Cult的な行動(宗教心に則った行動)」と言える。

 つまり”Cult”と言う単語自体が「宗教的な儀式や
崇拝」を意味することから、それが不法的な反社会的
行動であっても”Cult”である」との認識によって、
多く使用されるが故に、日本国でわ語学上の区別にも
一般的に区別されるような形で認識がされています。

 儀式の方法にわ色々ありますが、私の推測ですと、
通常でわ考えられない行為(臨死体験や馬鹿げている
鬼畜的な行動)によって、仲間意識を強めると言った
「共通の秘密や羞恥、悪行、まれに見る経験等を主に
仲間同士の経験を秘密の儀式とし、従順の意識を高め
必然的に仲間意識を高める」とこを行います。

 こうした行動においては、暴走族の集団暴走行為や
政治活動における日本国の国会での”牛歩運動”など
一見してありえないような事等を行う事で仲間意識が
むしろ強くなることが、私の調べで解かっています。

 ”反社会的意識が強い”と言うことから「通常でわ
ありえない儀式」を行うことで、それを行った者達を
仲間とみなし、共感的意識の基で友好を築こうとする。

 こうした団体性の”Cult”は、以外にも人目に付く
ことなので、秘密にされている”Cult行為”などが、
明るみになることがありませんが、逆に現代社会にて
共感するべく”Cult行為を主とした団体”がるならば、
それこそ社会に浸透しつつも、その存在が明るみにわ
ならないようです。

 結論として”Cult”とは、宗教などの進行に伴った
儀式や崇拝意識を表しており、それが団体的宗教でわ
なく、個人的な崇拝意識であっても”Cult行為”等が
認められることです。但し俗世間で取上げられるのは、
Cultにおける反社会的行動から一般の民衆に危害等を
加える恐れのあるCultに対しての警鐘であり、それを
”Cul≠反社会的な悪意ある宗教的行動”であるとは、
解釈できない。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆
(万学的、帰ってきた天才、秀才、HIROとその仲間♪)

<お題>
万学的、Cult

天才 Cult行為によって自らの志を高める事ができる。

博士 日本の武士や僧侶等も独自のCultを持っていた。

秀才 宗教Cultや独自Cultも志を高める事を意味する。

HIRO ”Jinx(ジンクス)”などもCultだと言える。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =