記事一覧

No.0623 Science Fiction

2005-08-14
*======================*
  元祖 万<よろずがく>学 No.0623
*======================*
作成 2005-07-22
課題 Science Fiction

 とある空想家たちの言葉や絵によって受け継がれ、
それが時として現実を生み出していると言う事実を
把握しているだろうか?

 なければ自分達で作れば良いじゃないか!それが
合言葉だった戦後の昭和。そして昭和後期や平成の
少年少女達が目の当たりにする現実。

 子供の頃、誰もが正義の味方になりたかったんだ。
でも現実は、暴力を正当化しているだけに過ぎない、
そんな現実に目覚めるのが、義務教育の中であって
それを経て社会に出る頃にわ真実を知ってしまった
青年達が社会への”失望感”を背負わされている。

 自分自身だって、平成の現実において失望してる。

 新しい物語を必要としているが、それらが余りに
非現実過ぎて更に現実世界に失望を抱くのも当然だ。

 どんな未来を・・・。

 科学の時代を迎えたといわれているが、科学的な
発展についても、その成長率の低さについて疑問が
抱かれている。更に、MetalColorと呼ばれる特殊な
最先端技術者などの存在が貴重だとされている現実。
実際の歴史的流れからでは、そうした学問的Levelを
一般にまで”DownSizing”する必要もあります。

 知識への好奇心は、永遠なる欲求であって人類の
永遠なる果てしなき欲望へと誘う、人類の最大なる
欲求である。

 一切の欲を捨て、修行をすることにて仏になれる。
そう医学的に言う生理学に反した食生活によって、
むしろ”欲”と言うもの真実を知る事となるだ。

 そしてPandoraの箱に秘た感情は、愛するものへと
受け継がれてゆく。

 石造に刻まれた人類最古の法典とされる歴史的な
Hammurabi法典から学ぶことも多い。Kantにおける
社会、文化理論からに伴う政治的規制の法典等より
以前に法の原点があったのだ。にもかかわらずに、
まるで現代西洋学からの美学を語るが如く法学者が
政治学者達の法的制定実績に栄光を称えている。

 単純な考え、それを遡及的に学問をおってゆけば、
殆どが過去の偉人達が既に発している言葉であって、
”歴史わ巡る”と言う言い回し等にも、年と共にて
個人が各々の人生において理解してゆくことになる。

 
 諦めているのでわないだろうか?

 自分の知的欲求を満たすということを・・・。

 Science Fiction を求めても 見つからないなら
自ら作ってみることだって、できるはず。

 貴方の可能性を無限大に・・・そんな環境を造る
ことが、私にもできるだろうか?

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆
(万学的、帰ってきた天才、秀才、HIROとその仲間♪)

<お題>
万学的、Science Fiction

天才 卓上の冒険と呼ばれている論理的追求である。

博士 日本国には、Animationと言う表現力がある。

秀才 空想までも制限されているのが現状でもある。

HIRO 博士の如く、歴史に残るような人物へ・・・。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =