記事一覧

児童性愛癖な教員の存在と、抑止

身体の成長と、性の魅力

 『(A)世間の観点で、比較的に、男性による、児童性愛癖が、問題視される』が、『(B)女性の児童性愛癖も、問題されて、いる』のが、現状。

事例の記事
「体だけは大人になりやがって」と……女子小学生7人が被害を受けた千葉ロリコン教師「鬼畜の所業」
 ・文春 On Line
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年05月17日

女性教諭が男子中学生に SNSでつながり道踏み外す
 ・産経新聞社
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年03月30日 10時00分

文化の観点から、辿る、歴史

 問題視される、根源の把握が、重要。

 本邦の文化(に、限らず)では、児童の結婚(婚約:いいなづけ、等を、除く)が、生じて、いた、記録が、有る。

 また、『(甲)現代、(乙)歴史に、伴う、当時』の観点とで、違いが、有る、事にも、留意。

 よって、大枠で、『(a)生殖、(b)快楽』の観点に、分けられると、想われる。

 なお、恋愛心、等、心情的な幸福感(満足感、等)も、(b)に、含まれる。