記事一覧

子供の判断力

どこで、学ぶのか

 優柔で、不断な性格を、避ける、教育が、求められて、いる。
 

記事
多くの人が本意ではない選択をしている──子どもを「決められない大人」にしないためには?
 ・Newsweek 日本版
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年06月09日(火) 17時05分

僕の見解

 高度情報化社会では、『情報の有無』から、『情報の処理における、速度』が、求められる。

 仮に、「間違った、判断が、生じても、修正が、即時に、可能ならば、『優柔で、不断な、状態』(他の動作が、行えて、無い)よりも、次の修正(学習)された、動作に、着手を、行う、心境に、至る、事の方が、好い」との場合も、有る。

 これは、戦場の戦略性にも、用いられて、いる。

 軍事の特殊な部隊における、『斥候の教育』では、
「状況に、よって、密林中の移動は、早足で、堂々と、
移動を、行う」と、言う、観点が、有る。

 これは、『(A)敵が、射撃の標準を、合わせる、機会が、
困難に、成る、(B)仮に、発泡されても、密集な木々の関係で、
被弾する、可能性が、低い、(C)逆に、発泡されれば、敵の
存在を、感知するに、至る』、等の観点が、有る。

 その教育と、同等に、「失敗を、恐れずに、実験を、行う、
事で、『失敗時の事情』(被害)を、把握すると、同時に、
新たな方法へ、挑む、事の方が、『優柔で、不断な、状態』
(不動な状態)よりも、動作の効率が、好い、事を、意味する。

>留意
 実戦での観点から、解釈されて、いる、行動と、成るが、
「事前(行動の前)に、予備の学習を、行う、事で、
効率の好い行動を、選択肢する、率が、増える」との
観点も、有る。

 よって、『日頃からの学習』(予備の知識を、得る、事)も、求められる。