記事一覧

保釈中の被告が、失踪 - 法務省

数多く、発生

 『保釈後、実刑の確定が、有っても、収容に、応じず、所在が、判って、無い、事件』が、多く、発生するに、至って、いる。

記事
実刑確定後、41人所在不明に 6月末現在、法制審で説明―法務省
 ・時事通信社
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年07月06日 17時47分

「司法手続き無視、犯罪行為」 東京地検、ゴーン被告逃亡を強く非難
 ・時事通信社
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年01月05日 12時03分

僕の見解

 表見上で、本件の責任は、『(A)裁判官、(B)弁護士』に、有ると、想えるが、検事を、含めて、資格は、三種とも、同じ、司法の資格と、成って、おり、『(a)学派、(b)宗教、(c)人種(帰化人の子孫、等)』にも、関係が、有ると、想える。

 また、僕の判断では、司法界、医師界、共に、Free Mason(『自由と、平等、博愛、寛容』を、表題に、挙げるが、実働は、似非:階級、専制と、隷従における、不平等、他者の博愛心を、削ぎ、偏狭的で、武器*1の開発、製造に、関与を、行いつつも、軍事に、関与する、程に、非人道的な集団;共産、共和とも、然程に、違いが、無い)の影響が、大きく、弁護士も、Guild 形式(弁護士会)によって、管理されて、いる。

 よって、民に、『(Ⅰ)現行の司法に、不信感を、抱かせつつ、(Ⅱ)الجمهوريّة اللبنانيّة‎ にも、嫌悪感を、抱かせる』、等の政治的工作性を、疑うに、至って、いる。

 なお、『(ⅰ)釈放(の請求、及び、許可)を、行った、事が、悪の根源』で、『(ⅱ)GPS 等を、付けて、釈放を、行う、事』の検討を、行う、理由が、無いと、解るが、「(ⅱ)を、本邦の思想に、基づいて、いるのか」との部分にも、大いに、不信感を、抱くに、至る。

>補足
 石油の関連で、中東の地域に、嫌悪感を、抱かせる、工作性も、疑え、『大雨の影響』(地球温暖化)にも、関連すると、想える。

>警告
 『(弌)報道、(弐)自衛』の分野でも、工作が、生じて、いると、想える。

語句
・Guild
 ・Wikipedia

・弁護士会
 ・Wikipedia

・الجمهوريّة اللبنانيّة‎
 ・外務省
 ・Wikipedia

*1:地雷を、含むが、俗に、言う、『まっち・ぽんぷ』に、該当する。