記事一覧

No.0602 客観的に、物事を語る?

2005-05-28
*======================*
  元祖 万<よろずがく>学 No.0602
*======================*
作成 2005-04-21
課題 客観的に、物事を語る?

  大学の講師にも言われた事なのですが、
果たして客観的なる他人への印象等にて
相手に同情し、哀れみを思うと言う事は、
どういうことなんだろうか?

 先進国が発展途上国などと、他国等を
勝手に評価しつつ、その後に”経済的、
人道的”などと言う名目で「支援」等を
行っているのですが、それって良いこと?

 現実的に支援といっても、それら等の
方法を間違えれば、犯罪や国家規模での
Terrorismを助長しかねないのが現実だ。

 一番身近なのが、風俗店における本番
行為で、行為者双方が共に犯罪としての
自覚が無いのが日常です。

 こうした問題同様に他国間においても
不義の流通ばかりが強行されて、むしろ
それによる利益の方が高く、表向きでは、
”貧しい、貧困”を表見していたりする。

 しかし階級分化においては、人として
ある一定の能力を実に付ける為に、その
差別的排他を社会構築に任意で導入し、
更に周辺国の纏め役経ちも、将来などを
見据えつつ、動物を飼い慣らすように、
人々を誘導している。

 そうした任意の誘導に、多くの国民が
嵌ってしまうと、人生としてわ不自由に
なってしまうのかもしれない。

 どのような状況においても自由などを
確保できた人が、ある意味でわ勝利者。

 仏教、神道、Christ等ありとあらゆる
神々や精霊を含めても、階級の配下にと
人が居る歴史がある事を忘れてならない。

 食用の家畜の如く、悲劇の悲報などは、
その時の悲劇の為に、被害者が生まれて
育った事を何事にも代える事ができない
事実であり、過去となるのだ。

 自衛と言う概念は、国家規模で考える
以前に、”個人が自らを護る行為から、
始まるという事を自覚する必要がある”。

 他人の剣を向け戦う戦士でさえもが、
神、仏にひざまづく程に社会階級と言う
存在は、人を制する。

 正義の名を基に暴力を合法にする輩達。

 しかし不義から生まれる正義が不思議と
社会的に受け入れられやすく、公然的にも
更生力を持っていると言うことは、事実だ。

 正義の名の基に、その原点が悪を知って
膳を知れ、膳を語って悪行をする事なかれ。

 が、万学の論理的な原点でもありますが。

 解かっちゃいるけど、やめられない♪
あそれぇ〜、スイスイスダダッタァ〜♪
スラスラスイスイスィ〜♪ って、感じ?

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆
(万学的、帰ってきた天才、秀才、HIROとその仲間♪)

<お題>
万学的、客観的主観で、物事を語る?

天才 他人を評価する前に鏡に写った自らを評価しろ。

博士 評論者の殆どは、自らが見えていない。

秀才 他人を評価できることで、自らを超越する輩達。

HIRO 自ら好んでする苦労は、苦にならない事を知れ。
 

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =