記事一覧

No.0601 参加者(Player)

2005-05-26
*======================*
  元祖 万<よろずがく>学 No.0601
*======================*
作成 2005-04-14
課題 参加者(Player)

 私的には、物事において客観的に且つ論理的に
楽しむという事は、あまり行わない。常に実践的
且つ、自らが参加者となって楽しむ事を優先する。

 Sports等もそうですが、自らが参加して楽しむ
ことを個人的には、好んでします。または、自ら
参加できないようなSportsは、客観的に楽しむ。

 そして楽しむという事は、日常生活においても
同様のことが言えるかもしれません。社会人にと
なると労働の義務が課せられ、基準的にわ一日の
平均労働は、8時間前後とされている。それらは、
一日の三分の1に値し、そこから睡眠、起床して
一日の職務に付き、その後に自由の時間を得る。

 人が健康を保つ為には、一日に6〜8時間程度の
睡眠が必要と医学的に言われていますが、歴代の
賢人と呼ばれる人達は、3時間程度の睡眠と仮眠を
とるだけの特殊退出の人もいたそうです。

 小学生や中学生、高校生、更に大学生、大学院。
将来社会人になった後に一日の労働と言う時間を
どのように過せばいいのかを義務教育といった、
かたちで体で覚えることにもなる。

 睡眠の8時間、労働の8時間、そして自由の8時間。
人生70年と仮定して義務教育は、18歳になった年度
までで、小学1年生は、7歳からの入学になるから、
それらを考えると少なくても、自分の将来において
自由に使える時間は、論理的に見ても5分の1程度。

 お風呂や食事など自由といっても、色々と何気に
拘束されてしまうことを考えれば更に自由の時間が
無くなってしまうことに気が付く。

 ところが、そうした自由の時間以外にも、仕事や
学習、それらを全て楽しめるとしたら、どうだろう?

 自分の人生を、より多く楽しむことができると
言うことが解かってくる。

 人生を楽しむと言うことは、とても重要です。

 反転諭になりますが、物事を悲観的、悪感的にと
考えて日々に生活をする人達もいますが、それも又
それなりに”楽しんでいる”と言うのが私の客観的
結論です。たとえ、それが悪党であっても・・・。

 だから犯罪だって、防ぎようが無いということを
十二分に考慮し、自己の生活を自営しつつも自衛し、
更に日々向上心をもって生きてゆき、色々なことを
しりつつ、学びながら人生を楽しむということは、
とても重要なことだと私は、考えています。

 客観的にならず、自らが求める楽しさを見つけて
いただき、その個人の小さな行動が社会的な向上へ
繋がるのであれば、やがて世界までもが動き出す。

 宇宙開拓の時代へと徐々に進みつつあるなぁ〜♪

 ゜+.( ̄ω ̄ )゜+.゜

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆
(万学的、帰ってきた天才、秀才、HIROとその仲間♪)

<お題>
万学的、参加者(Player)

天才 挑戦者は、常に物事に積極的に挑んでいる。

博士 多少の危険があっても挑みたくなる事がある。

秀才 論理を語るより、参加者になり実証ることだ。

HIRO 好奇心が旺盛の私にとって、毎日が参加者だ。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =