記事一覧

不法な入国 - Malaysia

むち打ち刑

 Rohingya の集団への処分。

記事
不法入国のロヒンギャ難民をむち打ち刑へ 人権団体、マレーシアに廃止要求
 ・AFP BB NEWS
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年07月21日 21時48分

語句
・Malaysia
 ・Wikipedia

・Rohingya
 ・Wikipedia

僕の見解

 記事に、『(A)少数民族』、『(B)難民集団』と、記載されて、いる。

(A)
 僕が、知る、限り、『 Rohingya 』は、少数の民族では、無い。

(B)
 受け入れ国が、『不法な入国』と、主張を、行って、いる、限り、『難民集団』では、無い。

事例
 本邦でも、中華人民共和国、等からの不法入国者が、問題視されて、いるが、『(a)難民の手続き』、『(b)及び、了承』が、無い、限り、難民と、判断するに、至らない。

 また、偽善者(主に、西洋の思想に、基づく、宗教、思想の者達:つまり、母国外の思想に、基づく、集団)が、標的国で、不法者を、過保護に、扱いつつも、それを、取り込み、同法化する、傾向は、世界の各国で、見られるが、自国内では、同等の偽善な活動を、行って、無いのも、特徴と、成って、いる。

 例えば、本邦の一例では、『 Amnesty International 』(英国の文化を、他国内で推奨する、工作の集団)等が、該当する。

語句
・Amnesty International
 ・Wikipedia

参考
・英国における死刑
 ・Wikipedia

補足 本邦における、Amnesty International の存在

 「戦時下でも、人権が、保護されるように、『交戦国双方』に、働きかける」と、言う、活動、等は、矛盾するに、値する。

 つまり、戦争を、認めつつ、その配下で、偽善の活動を、行って、いるが、故に、『武器屋と、棺桶屋』の如くな、存在。

 よって、俗に、言う、『まっち・ぽんぷ』と、称される、典型的な西洋思想の配下で、成り立って、いる、活動に、該当。

 なお、標的の精神を、害する、等の活動にも、関与を、行って、いる、可能性を、疑うにも、至って、いる。