記事一覧

黒い雨 訴訟 - 広島 地方裁判所 判決

被爆者健康手帳 交付申請の却下、取消を、請求

 原告の請求を、全面的に、認める。

>概要
 当時に、広島市への原爆投下直後に、放射性物質を、含む、『黒い雨』を、浴びたが、『援護対象区域外だった、事』を、理由に、被爆者健康手帳の交付申請が、却下された。

記事
「黒い雨」訴訟、原告側が全面勝訴 広島地裁、初判断
 ・産経新聞社
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年 07月29日 14時17分

後日記 令和02(皇紀 2680;2020)年08月12日

 『(A)厚生労働省』は、08月12日に、『(B)広島県』、『(C)広島市』と、控訴を、行った、事を、表明。

 控訴の理由は、「十分な科学的知見に、基づく、判決とは、言え、無い」と、説明。

記事
「黒い雨」訴訟、政府側が控訴「十分な科学的知見に基づくとはいえず」 原告ら救済も検討
 ・産経新聞社
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年08月12日 11時49分

僕の判断>
 「十分な科学的知見に、基いて、無い」との主張は、不適切。

 理由は、弁論で、「十分な科学的知見に、基く、主張を、(A)、(B)、(C)が、行って、無い」が、故の審議と、想える。

 また、判決に、「十分な科学的知見が、無い」、ならば、脱漏とも、想える。

 よって、公訴(高等 裁判所)で、争う、観点は、違法。

民事訴訟法
公布 令和二年四月二十四日
改正 令和二年 法律 第二十二号

第二百五十八条(裁判の脱漏)
 裁判所が請求の一部について裁判を脱漏したときは、訴訟は、その請求の部分については、なおその裁判所に係属する。

 二項
 訴訟費用の負担の裁判を脱漏したときは、裁判所は、申立てにより又は職権で、その訴訟費用の負担について、決定で、裁判をする。この場合においては、第六十一条から第六十六条までの規定を準用する。

 三項
 前項の決定に対しては、即時抗告をすることができる。

 四項 第二項の規定による訴訟費用の負担の裁判は、本案判決に対し適法な控訴があったときは、その効力を失う。この場合においては、控訴裁判所は、訴訟の総費用について、その負担の裁判をする。