記事一覧

在留証明書の偽造 - 警視庁 組織犯罪対策 1課

入管難民法違反

 中華人民共和国籍の男を、逮捕。

 約400枚の偽造を、行った、事を、認めて、いる。

記事
在留カード偽造疑いで逮捕 中国の男、シェアハウスで
 ・産経新聞社
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年06月26日 13時22分

参考
・法務省 出入国在留管理庁 > 各種手続案内 > 在留管理制度に関する手続 > 在留カードとは?

僕の見解

 『(A)中華人民共和国(中共国)の内政における、問題で、(B)中共系の移民が、台湾を、経由する、形式で、本邦(日本国)、等、世界の各地へと、生じ、(C)ニ十、三十年後に、移民先の自治が、劣化する、事』が、懸念される。

 また、西洋の白人優位性にとっては、『中共系、並びに、他のASIA系』が、黒人に、次ぐ、好都合な差別の対象(見下す、事で、優越感を、得る、等)と、成る。

 更に、『類似な形式が、本邦の内政でも、展開されて、いる、事』が、解かっており、『(a)現在だと、政治、公務、医療、学術、指定暴力団、等、あらゆる分野で、大韓民国(在日、帰化人、それらの子孫、等)系が、懸念されつつも、(b)民には、過剰な(憲法の前文に、伴って、無い:故に、憲法 第十二条に、伴う、保障の対象にも、成って、無い:つまり、勝手な感情を、基礎とする)愛国心を、植え付ける(心理の操作)』、等も、生じて、いる。

 よって、移民、在留の管理は、本邦の未来に、影響する、事を、一般の民にも、理解されたい。

 なお、「過剰な排他的意識が、紛争の原因に、成る、事も、有る」が、領土の平和を、護るのも、民の義務と、想える。

補足

 実は、十数年前から、『やくざ社会での在日問題』にも、関心を、抱いて、おり、本邦の文化歴における、観点で、「『不良な少年の思考』における、動向が、西洋の Street Gang 形式に、影響を、受けて、いる」との認識も、有った。

 事例では、『 Street Gang 』の影響と、想える、『 Color Gang 』が、有り、その当時には、『(甲)音楽、(乙)服装、(丙)黒人系の在留、移民』の影響が、生じており、女子高生も、『(弌)がんぐろ、(弐)山姥』、等の流行を、生じさせるに、至った。

 近年では、『半ぐれ』の存在が、『やくざ』との対立性における、象徴に、成って、いるが、中共系の子孫による、『 怒羅権 』の存在も、脅威と、成って、いる。

 また、僕の経世済民研究における、観察、等では、「(あ)『不良、やくざ』が、誰だとか、言う、問題よりも、(い)生活の環境に、問題が、有る」と、判断するに、至って、おり、『(ア)家庭の環境、(イ)社会、公共の環境』で、考え、「(ア)が、駄目でも、(イ)で、補う」との部分が、重要視され、更に、「(ウ)全ての国民が、憲法の前文に、習い、(イ)の保持を、行う、事(義務)の責任も、問われる」のであって、それに、失敗すれば、当然に、平等的に、全国民が、不利益を、被る、可能性が、有って、それらの論理式は、日本国 憲法 前文 第二段落目からも、解る、通り。

・論理式の基礎
 (一)われらは、(ニ)平和を維持し、(三)専制と隷従、(四)圧迫と偏狭を、(五)地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、(六)名誉ある地位を占めたいと思ふ。
 (一)われらは、(七)全世界の国民が、(八)ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、(九)平和のうちに生存する権利を有することを、(十)確認する。

・現状の論理式
 (一)われらは、(Ⅱ)平和を維持する、事が、行えず、(Ⅲ)専制と隷従を、維持し、(Ⅳ)圧迫と偏狭をも、維持し、(五)地上から永遠に除去する事が、困難で、(Ⅵ)名誉ある地位を占めたいと、想うにも、至って、無い。
 (一)われらは、(Ⅶ)己自身ですら、(Ⅷ)平等に、恐怖と欠乏から免かれられず、(九)平和のうちに生存する権利を、削がれるかの如くに、災害、事件、紛争の被害に、遭遇する、危険も、有るが、(Ⅹ)それを、解かって、無い。

 よって、「日本国の民、その個々が、何を、行う、義務が、課せられて、いるのか、及び、何を、行う、必要が、有るのか、理解を、されたく、願う」に、留まる。

記事
「桜を見る会」に参加したと書かれた元祖半グレ数々の所業
 ・日刊げんだい
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年06月30日 06時00分


 記事内で、「(A)短期間に、複数の犯行に、及び、(B)精神病質性が、高いと、判り、ながらも、実刑に、至って、無い」との状況では、司法の工作性を、疑うに、至る。

語句
・Street Gang
 ・Wikipedia

・Color Gang
 ・Wikipedia

・がんぐろ(『ヤマンバ、マンバ』を、含む)
 ・Wikipedia

・半ぐれ
 ・Wikipedia

・怒羅権
 ・Wikipedia

参考
・日本国 憲法

前文 第二段落目
 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

第十二条
 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。

追記

 民間側でも、防御の体制を、整えて、いる、傾向に、有る。

記事
日本で働く外国人の身分確認を健全化
 ・産経新聞社
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年06月01日 20時14分

外の事件

 領事館の領事に、現金を、渡す形式で、外国人が、結婚する際に、必要な書類を、不正に、発行。

記事
ベトナム領事に贈賄疑い 男逮捕、証明書発行巡り 三重県警
 ・伊勢新聞社
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年06月11日