記事一覧

偵察機(U-2)が、中共国の防空識別圏に、進入 - 米国

台湾の件

 12月10日、米空軍の偵察機1機が、大韓民国 서울특별시 から、発信後、中共国の防空識別圏(ADIZ)を、通過、中共国 東部 沿岸 地帯から、51海里(約 95 Km)以内に、進入。

記事
米U-2偵察機が中国の防空識別圏に進入、台湾への軍事行動を牽制
 ・Newsweek 日本版
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年12月11日(金)16時25分

語句
・台湾
 ・外務省
 ・Wikipedia

・서울특별시(ソウル)
 ・Wikipedia

僕の見解

(一)
 本邦の立場は、『 Potsdam Declaration 第八項』の通り、台湾は、日本国の領土に、含んで、無い。

(ニ)
 『日本国政府と中華人民共和国政府の共同声明』の第三項で、「中華人民共和国政府は、台湾が中華人民共和国の領土の不可分の一部であることを重ねて表明する。日本国政府は、この中華人民共和国政府の立場を十分理解し、尊重し、ポツダム宣言第八項に基づく立場を堅持する」と、公言を、行って、いる。

(三)
 また、本邦には、拓殖大学( Freemasonry の御都合学校)が、有り、歴史的な観点からの関与が、解る。

 なお、Freemasonry の関連では、「北海道の開拓にも、着手を、行って、いる」が、『 Freemasonry の関与が、疑われる、開拓』には、『南北朝鮮人労働者(労働移民者)が、導入されて、いる、事』が、多く、工場の閉鎖後には、労働移民者を、無責任な放置(失業、無就労の状態:炭鉱、等で、生じた、在日外国人の労働者問題)へと、陥らせ、現在に、至っては、『在日南北朝鮮人問題』と、成って、いる。

捕捉

 Freemasonry では、DeMolay 系、等を、介する、形式で、大韓民国の設置にも、関与を、行って、いる、痕跡が、有り。

 また、本邦でも、Freemasonry を、介する、形式で、本邦の民よりも、在日韓国人(及び、帰化人)の優位性を、図る、傾向が、有る。

 更に、現在だと、『(Ⅰ)世界平和統一家庭連合、(Ⅱ)幸福の科学』が、信者の『(ⅰ)結婚』、『(ⅱ)多産』の促進を、行って、おり、「出生率が、低い、本邦の民には、脅威と、成って、いる」のが、現状。

 僕の観点だと、「約十年後には、『大韓民国系の在日、帰化人』(の子孫:主に、失業、無就労者、等)による、暴徒(米国の黒人による、暴徒化と、同じ、現象:なお、米国の場合には、「数十年前からの仕込みが、有った」と、判断するにも、至る)が、生じる、危険性を、危惧する」に、至って、いる。

 なお、「現状では、Hate Speech、等と、称する、形式で、紛争が、生じて、いる」が、『未来には、年々に、激化と、成る、危険性』を、想えばの事。

語句
・日本国政府と中華人民共和国政府の共同声明
 ・外務省

・Potsdam Declaration(ポツダム宣言)
 ・国立図書館
 ・Wikipedia

・拓殖大学
 ・Wikipedia

・日本の Freemasonry
 ・Wikipedia

・DeMolay
 ・Wikipedia

・世界平和統一家庭連合
 ・Wikipedia

・オウム真理教
 ・Wikipedia

 ・オウム真理教事件
  ・Wikipedia

・幸福の科学
 ・Wikipedia

・日本の Hate Speech
 ・Wikipedia

解説

 『出生率が、低い、本邦の民』が、『出生率の高い、他国の民』(本邦の子孫では、無い、者)が、『増える、事』を、脅威に、思うのは、極普通の心理と、想える。

 ところが、世界の規模で、観察を、行うと、各国で、「多産の推奨を、行う、宗教、思想を、介する、形式を、経て、人口が、増加後に、民族的紛争が、生じて、いる」のが、現状で、難民の問題でも、生じて、いる。

 つまり、「移民が、悪い」のでわなく、「宗教(似非な侵略的工作集団)を、介する、形式で、侵略、及び、占領を、図る、事」が、悪いのであって、多くの信者が、事情を、知らずに、『教祖、宗教の教え』に、従い、『過剰な結婚、多産』の後(数十年後:移民の二、三世代、等)に、民族的な問題を、生じさせて、いる。

 「本邦では、在日外国人地域で、観察が、行える」が、宗教側では、Slave の確保が、行えつつも、その Slave を、用いて、利益(収益)性の確保を、行って、いる。

 また、宗教に、限って、おらず、思想、等を、含めて、「世界中に、愛国主義者(殆どが、暴力的集団、等で、『似非な愛国心からの無法者』に、該当する:本邦では、『似非な右翼』*1の存在が、確認されて、いる」のが、現状。

 なお、『外国人を、宗教(本邦では、特に、外来系の宗教)で、Slave 化を、試みる、理由』は、「近年の若年層は、高度な教育から、異常な宗教、思想を、自衛で、避けたり、攻撃、迎撃を、行う」が、「外国人の場合だと、『憲法、法律の理解に、欠乏が、有る』ので、隷従化に、陥る、危険性(違憲:専制の体制)が、高く、成る」が、故の事と、想える。

語句
・Slave(スレーブ)
 ・Master - Slave
  ・Wikipedia

・右翼団体
 ・Wikipedia

・街宣右翼
 ・Wikipedia

・Neo Nazismus(ネオ ナチズム)
 ・Wikipedia

・Hooligan(フーリガン)
 ・Wikipedia

*1:『右翼』との呼称は、『マスゴミ』、等が、起源と、想われるが、組織に、よっては、実際に、「政治団体事務所内に、机を、置いて、いた」との事も、有って、「
嘗ての僕は、自民党(本部)に、説教を、行った、事も、有った、程」で、『後に、政権が、一時的に、民主党へと、移った、事』も、有る。また、「構成員が、代々に、本邦の民とは、限って、無い」(外来系日本人の子孫を、含む)のも特徴。:海外の愛国的集団でも、同じで、『 Neo Nazismus 』、等が、該当。なお、「各種の集団における、構成員は、Hooligan(暴徒)、等にも、加担を、行う、事が、懸念されて、いる」が、『暴徒的な紛争事』を、何だかの指導者、教唆者の下で、実行を、行う、組織と、成って、いる。