記事一覧

男女の平等的な指数

日本国は、異常に、低い

 本邦は、153カ国の内、121位。

 「(A)前年度は、110位で、(B)本年度は、順位が、下がっており、(C)過去の記録では、最低と、成っている」との事。

記事
男女平等指数、日本は過去最低の121位 政治参画遅れ
 ・日本経済新聞
  ・令和元(皇紀 2679;2019)年12月17日 08時01分

僕の見解

 職場の環境も、『(甲)徐々に、電子化が、進んでおり、(乙)電子的な、計算機、他機器の性能も、年々に、向上、(丙)更に、人工的な知能も、加わり』、仕事の質が、時代的な進化を、遂げている。

 逆に、少子高齢化の観点から、高齢者の労働における、環境を、「どのように、整備するのか」も、問われている。

 更に、「男性(夫)による、育児の休暇も、認められつつ、子供の育て方にも、変化(進化)が、生じている」が、そのような環境で、育っ子供が、成人後に、「世間へと、どのような、貢献を、行うのか」も、期待されて、居る。

 高齢者の課題では、「比較的に、女性の生存率が、高い傾向と、成っている事から、『資本の循環性における、変化』も、相応に、政治的な観点から、色々と、考慮する事も、求められる。