記事一覧

人は、自由に、自縛される。

人が、住む環境は、元来だと、自由だった。

 厳密に、表現するならば、「自然な環境だった」と、想われる。

現代人が、求める自由

 産まれた時は、既に、先人により、設置された環境で、育つので、「規則(憲法、法律)により、制限された環境と、成る。

 逆に、先人(祖先)の育った環境は、「自由が、過ぎる(殺人の発生など、社会的な秩序の維持を、行えない程の環境)」から、法規を、設置する。

 その子供の世代は、規則に、拘束されつつも、更に、親からの教育で、洗脳的にと、従う事を、強いられる環境と、成る。

 更に、子孫の世代(初代の孫世代)も、やはり、不自由を、想いつつ、世間に、不自由なな心境を、抱くが、ここで、一つの分岐点が、訪れる。

教育

 教育によって、子供を、説得する事(意識的操作の成功)が、行えた場合は、社会人と、成れる。

 教育が、失敗すると、反社会的な意識(過剰な自由を、求めたり、社会の環境を、破壊する意識)を、抱くように、成り、社会学では、不良に、分類される。

初代と、孫の関係

 初代(孫にとって、祖父母)では、「解っている、自らの過ちは、後世代に、引き継がせない」との傾向も、有るが、それを、子供側の観点だと、洗脳的な行為に、感じられる事も、有る。

 ところが、孫の場合には、適度な教育を、行える事が、可能と、成る。

 優秀な人は、親や先人から、学ぶ事が、多く、外に、動植物や物理的な法則など、色々な環境を、観察、研究する事で、学ぶ者も、居る。(本邦では、憲法にて、学問の自由が、保証されている。)

 親子間で、不十分な教育が、祖父母と、孫の関係で、修復される家庭の現象は、良く、知られており、西洋(特に、米国など)の映画(小説)等では、『孫が、「お父さん、お母さんは、僕(私)の事を、何も、解ってくれない」と、祖父母に、泣き付く、場面』(典型的な形式)は、よく、有る。

 また、家庭の環境において、両親、祖父母が、居ない場合には、神仏精霊や、その地方における、固有の文化的な習慣における、物語などで、代用される事も、有る。

大人と、砂場の理論

※ 俗説の、『砂場理論』とは、異る。

 僕の言う、『砂場の理論』は、精神的医学で、言う、『箱庭療法』からの発想で、『児童心理学と、犯罪の心理、自由の錯覚』から、成り立っており、GAME の理論における、『経世済民的な戦略』において、説明(攻撃)を、行う為に、用いられる、『戦術的な論述」と、成っている。

 『砂場の理論』とは

 初めに用いたのは、「八王子簡易裁判所、及び、東京地方裁判所
八王子支部(後に、立川支部:移転)の職員に、『利用者へ、書式を、
説明する行為』を、解説する時で、以後、色々な分野でも、用いて
いる、

 この論述は、既に、裁判所の文化的な開拓(情報の取扱など:戦術)で、僕が、用いており、「書記官と、利用者との間で、生じる書式の説明を、どのように、行うのか」と、言う部分で、公務員へ、説明する時(解説の時:理解させる為)に、用いられるが、想えば、十年以上も前から、用いており、本来(僕の理想)だと、古典的(今時代なら、可能な、電子的な環境や、情報の統制が、整備された環境ならば、不要と、成る、公務)な環境において、一時的(環境が、整う迄の間)に、用いられる論術と、成る、予定が、現在でも、使っている状態に、有る。

 つまりは、僕の理想だと、『争い』(公的な機関での窓口における、論争)が、生じない環境を、作る事が、可能だったが、それが、無いので、『やもえず、戦う』(つまり、「解説を、行う」)との状況と、成り、相応に、別枠で、業務の改善における請求を、最高裁判所(または、類似する事件が、生じた場合は、該当の機関)へと、行っているが、十数年前から、裁判所に、改まりが、無い。

 その論術を、用いた、公に、成っている事例は、参考を、参照されたい。

参考
 ・No.645 成人式に、六法を配布
  ・Mail Magazine::万学

人は、自由に、自縛される

 先(前出)にて、解説を、行っている、『親子、孫』の展開は、社会的環境では、『上司、部下、新人』など、何にでも、換えられる、公式に、成っている。

 初期の人類にとって、自由が、過ぎる環境は、自然で、あって、
それを、規制する社会的体制を、構築。

 逆に、規制によって、不自由を、感じる他者や、後の世代(自ら
の子孫で、あっても)が、不自由を、主張する事が、有る。

 それは、『大の大人が、突然に、砂場へ、連れてこられて、
「(あ)自由に、使って、下さい」と、言われれるが、状況が、
判らず、困惑するが、「(い)児童を、砂場に、連れて行けば、
自由に、遊び、始める」との状態が、見受けられる。

 自由な環境を、不自由にと、設定を、行ったのは、その環境を、変更する事が、行えた、権力者。

 不自由、不平等、迫害を、実行する者達で、僕が、知る限りでは、『(A)Professional Wrestling、(B)Boxing』を、持ち込んだ、輩達の思想で、ある。

僕が、学生の時に、提出を、行った報告書の題名も、自由

 当時の学部長が、展開する授業で、「『れぽーと』の課題は、自由」(例えば、競馬の研究など、何でも、良い:新任の部長で、人気取りと、判断)と、定義。

 そこで、僕は、課題を、『自由』に、設定、、、。