記事一覧

Wikipedia_Editor 山口組

文字を、追記

 『日本』との語句に、『国』を、追記(に、よって、『日本国』)。

Wikipedia 編集の履歴

補足

 本邦における、やくざ文化は、第二次世界大戦後に、生じた、現代的政治よりも、古い。

 また、近年では、『(あ)在日外国人、及び、帰化人の子孫が、不良化する(主に、若い、世代では、西洋の Gang 的思想の文化に、基づく、影響が、強い)、事で、組織に、加担を、行う、事で、(い)本邦の古来から、生じて、いる、仁義の感覚に、歪みが、生じ、易い』と、判断するにも、至って、いる。

 また、古来から、変わって、無い、『(ア)資本で、行動が、左右される、思考』と、『(イ)資本的な利益よりも、義理を、通す、思考』との観点では、本邦だと、「(ア)の右派を、資本的主義、(イ)の左派を、共産的主義』と、錯覚させる、程にも、至って、いると、想える。

 故に、近年の指定暴力団を、観察すると、「金で、動くのか、義理で、動くのか」を、見極めるように、政治関係者が、悪用を、行って、いる(古来から、然程に、変わって、無い)とも、想える。

 ところが、米国、及び、世界の各国でも、Mafia、Brothers 形式(近年だと、『 Mafia、Brothers 感覚』と、表現されるが、読んで、字の如く、比較的に、西洋的)や、本邦の『やくざ』でも、『一家、兄弟、姉妹』(本邦の文化だと、『組』が、江戸の時代だと、行政上の地域を、表す、表現に、該当するが、若い衆、等の無法者が、仕切る、地区は、『縄張り』で、表現されて、いる:『いろは組』、等に、あやかって、かっこ付けで、『組』を、用いて、いた、可能性も、有る)*1の表現が、古来から、用いられて、いる、観点を、想えば、「万国で、共通と、成る、『家政の形式、兄弟、姉妹』の劣等性を、補う、感覚で、形成されて、いる」との事も、解る。

 また、『やくざ』に、限らず、『一匹狼』(自然界の動物における、一匹狼は、「群れから、追い出された、等の個体」で、強いと、言うよりも、『仲間はずれ』と、成った、状態:故に、人と、異なる)の存在が、比較的に、かっこよく、描写されて、いる、事も、古来から、多く、『悪役系の Hero 』(つまり、西洋の思想)でも、英雄視されるような、描写が、多い。

 それらから、『人の本能的な習性』によって、生じる、自然的な集団の形成が、色々と、生じ、その一種に、『 やくざ、Gang、Mafia 』、等が、生じて、いる、事も、解る。

 よって、僕の観点では、「古来からの文化、習慣を、引き継いで、いる、観点から、『現在の日本』(第二次世界大戦後の日本国政府、及び、その後に、国家が、育んだ、文化)における、固有の集団とは、異なる」との想いから、『日本』に、『国』を、つける、事を、思い付いた、次第。

 なお、僕は、やくざ衆を、過剰に、組単位、等で、贔屓を、行う、観点が、無く、彼らが、将来に、「暴力団と、指定された、事は、名誉の既存だ」と、正当な理由を、基に、裁判所を、介する、等を、経て、その主張が、認められるように、成る、事を、願って、いる。

語句
・Gang
 ・Wikipedia

・Mafia
 ・Wikipedia

・やくざ
 ・Wikipedia

・Hero
 ・Wikipedia

・英雄
 ・Wikipedia

・組
 ・Wikipedia

・縄張り
 ・Wikipedia

・火消
 ・Wikipedia
  ・いろは組

・一匹狼
 ・Wikipedia

留意

 米国に、限らず、、『 やくざ、Gang、Mafia 』を、経て、領土の統治者に、成る、奴も、少なく、無い。

 「嘗ての人類における、領土の形式は、動物の縄張りと、然程に、変わって、無い」が、現代の観点で、想っても、然程に、進化が、見られ、無いのも、現状。

 在日外国人(外国ならば、移民者)が、移住地で、政治、思想、等の思惑から、悪用されて、いる、事実の理解と、そこからの脱却を、想えば、行き、着くのが、「(A)有名に、成る、事、(B)贔屓者の支持を、得て、Slave 化を、図る、事」(で、満足、優越、等を、得させ、人格を、操作する、事は、Freemasonry の十八番芸、故に、純粋な人だと、脱会する、傾向に、有るが、本邦、等では、在日外国人、等の起用で、脱会者の発生を、避けて、いる、傾向に、有ると、判断するにも、至る)の特徴も、有るが、気が、付けば、「神仏、精霊に、選ばられたのでは、無く、Freemasonry 等の都合で、選ばれた、事に、気が、付けば、論理式(理性)の観点から、脱会を、思うのも、普通だ」と、想える。

 また、「領土の統治を、得ても、領主に、然程の利益と、成って、無い」との事も、歳相応に、解るのかと、想われ、世代的人格だと、「後戻りは、出来ない」と、暗示の如くに、自らに、言い、聞かせる、世代と、改まる、世代とにも、別れる、傾向に、有る。

 よって、「 Freemasonry 等の思惑で、悪人から、政治屋に、成っても、実質的には、然程に、自らの利益に、成って、おらず、『一世代の限り』で、後の世代では、形成された、集団が、Freemasonry の工作に、よって、共和化(共産化)される、傾向に、有るのも、現状」と、判断するに、至って、いるが、そこから、「本当の利益は、己にとって、何なのか」と、追求を、新たに、初める(自立を、行う:組織、集団から、抜ける)、事も、重要で、「一人に、成る、事を、恐れ、無い」との性格に、人は、比較的に、憧れるが、故に、「一匹狼が、際立つ」のも、解るのかと、想える。

 なお、今時代だと、人工的知能( AI: Artificial Intelligence )の発生も、懸念されて、おり、人の存在価値が、これ迄以上に、問われる、事と、成り、「『極道』と、言う、程の極めと、匠が、必要と、成る、時代を、迎えて、いる」と、想える。

 なぁ〜んて、ねぇ、、、w

 「終わりよければ、全て、好い、ならば、終わり、悪ければ、全て、悪いのか」と、想いに、至るが、どちらが、得なのかは、読者の次第。

追伸
 「天才の壁を、超える」と、言う、発想が、君達には、無いのかね。

語句
・Slave
 ・Wikipedia

・極道
 ・Wikipedia

*1:当時の火消における、人材は、『流れ者、荒くれ者』が、多かったが、『男の花形』でも、あった。