記事一覧

行政の組織における、責任と、社会倫理性の責任 - 公務員の懲戒と、送致

前提の事件例

 山口県 警察の巡査長が、女子更衣室の盗撮県迷惑行為防止条例違反、建造物侵入。

 (A)懲戒の処分で、停職三箇月となり、(B)事件の書類を、送致。

 なお、犯行者は、(a)容疑を、認めており、(b)依願で、退職。

記事
男性巡査長を書類送検 女子更衣室の盗撮容疑―山口県警
 ・時事通信社
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年05月15日 20時01分

僕の見解

 本件のような、事件例だと、「『最悪な処分』*1でも、懲戒の程度で、済まされる、事が、多い」と、想える。

 本件だと、『(あ)組織での責任、(い)社会倫理上の責任』を、分けて、いるが、それが、『本来の手順』(倫理上、普通)と、想える。

 なお、過剰に、『(い)社会倫理上の責任』、等の追求を、行う、事で、「犯行者によって、組織内の悪事を、暴露される、可能(危険)性が、有る」との観点から、警察に、限らず、悪事を、働く、多くの組織で、処分が、軽減される、傾向に、有る。

*1:一般的ならば、「事件の扱いを、行って、無い」と、想える。また、「秘密裏に、対処を、行う」とも、想える。