記事一覧

No.659 『くるりんバス』を、流用

配信 令和元(皇紀 2679;2019)年12月20日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.659
着手 令和元(皇紀 2679;2019)年12月20日
課題 『くるりんバス』を、流用
副題 『(一)JR 拝島駅、(ニ)西武 拝島線 玉川上水駅』への、輸送
送付 令和元(皇紀 2679;2019)年12月20日

前文

 この文面は、日本国の憲法 前文の第二段落目、及び、第十二条を、基礎とする、経世済民的活動の一部で、特定の政治、宗教、思想など、何だかの団体や、構成員の優位性とは、関係が、無く、文面の作成を、行っている。

 よって、各政治、各宗教、各思想などの構成員が、本文と、同意的な思考で、活動や主張を、行う事が、有っても、一切に、関係が、無く、『独自の経世済民的な観点と、成る事』を、予めに、理解されたい。

 なお、本文面を、各政治、各宗教、各思想の活動に、転用する事は、著作権の関係からも、許可する事は、無い。

趣旨

 『くるりんバス』(の流用)で、JR 立川駅から、『(一)JR 拝島駅、(ニ)西武 拝島線 玉川上水駅』への、輸送を、検討されたい。

 また、『乗車賃は、一律で、200円』を、徴収する事も、検討されたい。

補足

 災害時に、何でもが、無償と、成るのは、過剰、及び、過保護と、想える。

 逆に、災害時なのに、過剰な収益を、得る事も、人道的な観点から、好いとは、想えない。

 よって、適度(人道的な平等性を、維持するよう)な運賃を、徴収する事を、求める次第。

本文の送付先>

・立川市役所

投稿の画面

ファイル 9487-1.png

笑いの電動コケ師達(神と鬼の囁き)

万学2的、『くるりんバス』を、流用

神 物の流用は、人類の知性(文化)を、図る尺度にも、成る

鬼 機転との違いは、何だろうね。

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =