記事一覧

芸能人の脅迫発言!

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2007/10/7(日) 午前 0:35

ファイル 8028-1.jpeg

今回の写真

(∇〃) .。o(この画像は、Internet上で拾って来た物です♪)

「真似できないって解ってるの・・・。でもね、してみたくって・・・www
 あ、これってAnimationのCharacterの真似と違うの、某TV_NEWSのCasterの
 『くり・・・。』ごめんなさい、、、恥ずかしくって言えない・・・www」

「それとも、映画 StarTrack の Data少佐と言えばよかった?」

私的には、NewsCasterの「くり・・・・」ごめんなさぃ~♪
σ(^・ω・^) ボクも言えないよぉ~・・・爆

まず刑法です!

脅迫の罪

第二百二十二条
 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を
脅迫した者は、二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。

 第二項
 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して
 人を脅迫した者も、前項と同様とする。


第二百二十三条
 生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、
又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、
三年以下の懲役に処する。

 第二項
 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、
 人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者も、前項と同様とする。

 第三項
 前二項の罪の未遂は、罰する。

でわ問題です!
 とある女性芸能人Aさんが映画の記者会見において、
一見して、周囲の人員に対し、不機嫌な印象を与える
態度を行った。

 それに対し他の芸能人が「生意気だ!シメてやる!」
などと豪語し、他の番組やMass Communicationを通し、
それを公言している。

 その行為には、刑法上の過失が問えるのか?

 尚、「シメめる」と発言したX(女性)Y(男性)、
その他の人々(男女を問わず)Zの刑事責任は?

私的な推測

 X、Yは、Aに対して脅迫をし、不本意ながらAが
後に対してBlogsで任意で謝罪をしている。

 「シメる」は、暴力、威圧、暴言などを含めてでの
行為を表し、Mass Communicationを通じて脅迫などを
行っていると判断できる。

 しかし、これが芸能人としての暗黙の駆け引き的な
演技であって、それによってAの人気がでたのである、
っと解する場合も有る。

 しかしX、Yが特定者としてMass Communicationを
公言し、後にAに謝罪をするに至るまでの心境などを
考慮すると、それを客観的に見聞きしている民衆側の
心情に対して、『権威、権力があれば、脅迫も合法!』
と定義付ける様な行為を行っている。

 つまりAが実害が無かった表意してもX、Y、及び
Zは、Aに対して脅迫行為を行い、民衆の一人として
その様子を見て不愉快な想いをし、その過失がX、Y、
とZにあると判断すると言ったらどうなるか?

Bの存在

 Bは、熱狂的なAのFanである。

 上記の出来事に対し、X、Yに対して何が行えるか?

 ・・・民事訴訟って、そんな物である。

 AのFanでわないCが、今回の出来事に対し客観的な
立場であっても、視聴者として不愉快な思いをしている。
そんなCが行える法的な行為は、なんだろうか?

 ちなみにW協会にも、責任過失責任を問えるかとも、
判断をします。

私的な結論

 そもそも今回の出来事などが平然と行われていると
言う状況が以上であって、芸能界であれ、政治、警察、
自衛隊であっても、脅迫などが発生した場合などでは、
その責任を免れないと判断します。

 逆に不法行為に対して『おまえ!警察に訴えるぞ!』
と言う発言に対して「卑怯だぞ、公的な権力を使うと
言うなんて!!!頭がおかしいのでわないか、おまえ!」
と反論する、日本国憲法及び、その配下の法規の存在を
理解していない輩がいる。・・・いや、多い。かった?
挙句の果てには、「御前が警察に訴えると言う行為が、
脅迫じゃないか!」とも言う事がある。

 ・・・。

 日本人は、憲法及び、法律を十分に理解していない
平和を求めて、紛争をする、矛盾をした国民性のある
先進国として位置づけられた、国家を形成している。

 私が王なら、その名ばかりの高文化水準に居るとの
地位を示す日本国民に対し、国家の主として失望感が
満悦し、精神的にもさぞ病むだろう・・・。

 ・・・王でなくてよかったぁ!よろちゃん幸せ♪