記事一覧

平成30(皇記2678;2018)年度・第293号

内容

 平成30(皇記2678;2018)年度・第243号の返答を、得ているが、『 下記の(一)、(ニ)が、不明確と、成っている 』ので、改めて、確認を、行った。

 また、序でに、新たな要望(三)も、行った。

(一)
 回収契約業者、並びに調理委託業者による、処理の費用。

(ニ)
 「市といたしましては、」との文言は、不適切と、思われる。

(三)
 「残飯を、処理する『手数料』(一律で、100円程度)の徴収」を、求めた。

参照

平成30年度の進捗/163
 ・万学2 - No.642

返答

ファイル 4096-1.jpg

ファイル 4096-2.jpg