記事一覧

やはり狙ってきたか!『かんぽ』の利食い!

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2007/10/25(木) 午前 9:58

ファイル 8033-1.jpeg

今回の写真

(∇〃) .。o(この画像は、Internet上で拾って来た物です♪)

『異種の壁を越えて、あたいの胸に飛び込んで来て♪』

(∇〃) .。o(綱が足りないのを知ってて、挑発してるだろ・・・ジロ (¬O¬)・・・→♪)

民営化に伴って、『かんぽ基金』の流用を検討!

 日本人の悪い金融癖である。

 日本人は、投資と言う概念に対して、只単に資金の
流用であって、その資金を当てにする金融機関が居る。
それによって、甘い汁を吸う。

 更に悪いことに、無駄な投資であったとしても世論
公認であるならば、その責任わ国民全体に転化される。

そもそも、「かんぽ」でわ問題がある!

 以前にも、『NTTの設備費徴収』に関する問題や、
JRなど、あらゆる公的機関が、民営化に伴い資産の
管理移行によって、本来であれば国民の物を私有化と
しているのですが(正式にわ民間企業の財産)、その
行為によって、どれほど国民の物(公的な所有物)が
奪われているのかが、問われている。

 解りやすい所だと、高速道路などが例にあげられる。

 さて『かんぽ』に付いてなのですが、私の知る限り、
「かんぽ」の基金を使用して建設されてる施設などが、
国内に幾つかあったかと思われます。

 それにおける所有権も、民営化に伴って資産譲渡が
されているのかと思われますが、社会保険庁と同様の
問題が生じているとも、私は、睨んでいます!

 そうした「かんぽ」の基金が流用されて建設された
施設の問題や、それにおける健全性のある運用などの
観点すら明確にならない状態で更に「かんぽ基金」の
流用が確定をすると、国民が「かんぽ」の為に出資(
証券の購入)をしているのにも関わらず、他での金融
機関の資金調達の代用として使用されると言う観点で、
大いに趣旨が異なる。

 これは、投資学におけるTrickで金融業界における、
利益の分散だと個人的にわ判断をしています。

 この資金の流動によって、各種の金融機関などにて
発生している穴埋めなども、補おう都の試みがあると
思われるのですがぁ~・・・それわさせない。

投資のTrick

 投資に対する原則は、投資の趣旨を変えなければ、
それ以下の条件にならない限り、出資者から文句等を
言われない。

 つまり多くの出資者が集まり、それによって過剰に
生じた利益を、他で運用しても文句を言われないとの
解釈がある。

 しかし前例では、経済的な危機等を理由に、後にて
投資者の主旨を欠くほどに、過剰な流用を行いつつ、
その流用に失敗し、破綻することが発生している。

 これは、基本的な破綻形式であって、銀行に限らず、
近年では、地方自治体までもが破綻をしている状態に
あるのが現状です。

 でも大手企業などでの破綻の場合には、複合的なる
要素によって発生することもあり、それだけの理由で
破綻をするとも限りません。

民営化された後には、顧客の意思が重要視!

 それまでは、『総括して国が仕切ってきました』が、
現在でわ、その多くの株式を国が保有していると言え、
『顧客の意向』が重要視されてきます。

 そこで「かんぽ」に加入をしている人が、どの様に
判断をするのかが求められており、それにより大きく
物事が変わるのかと思われます。

 逆に言うと、私の場合には、国営からの範疇から、
大方で外れてきているので、然程に強く指摘できると
言うわけでありません。

 あえて言うならば、証券購入者の自己責任であり、
私の意見は、参考程度に留まります。

(∇〃) .。o(参考にもならないか? ・・・♪)