記事一覧

なにが「世界恐慌は、免れる」だ!

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2007/10/21(日) 午前 7:28

ファイル 8030-1.jpeg

今回の写真

(∇〃) .。o(この画像は、Internet上で拾って来た物です♪)

「突撃ぃ~!!!!  ずぼ!」

(∇〃) .。o(で、この後どうなったんだろう・・・w♪)

米国の事情は、かなり深刻だ!

 妙に軍事的な活動経路を確保したがると
思っていたら自国の経済事情及び農業等の
産業分野で深刻な問題を抱えている状態で、
それに伴った国民の負担などを、外に向け
なければ暴動が起きる寸前でわないか!

米国の近年の事情

 国内の経済事情から、気象状況における
農産物への打撃、そしてHurricaneなどにて
別の産業分野も打撃を受けている。

 『泣きっ面に鉢』と言う状況ながら更に
それにおける不満などを外に向けないと、
米国内では、いつ暴動などが発生をしても、
おかしくない状況にある。

 これは、英国などEU圏内でも同様で、
何気に、国内で色々な事情を抱え込みつつ、
民衆の暴動寸前になっている。

日本でも・・・

 実は、労働分野での団体が既に形成され、
それがDemo更新などを行ったり、過剰にと
人員が増えると、暴徒と化する恐れも有る
ことを懸念して、別枠で個人的に動いてる。

 私の活動では、特定の民衆集団が豹変し、
暴徒となる前に、中和してしまうのですが、
その為には、やはり公共機関の改善が必要。

 それに伴って色々と自己救済を含めて、
工作中なのである・・・(-ω☆)キラ~ン♪

っと言う事で、世界恐慌なんてありえない

 少なくても日本国では、経済市場が低迷
状態に陥っても、産業基本の改善によって、
それらを免れることができる。

 逆に市場に頼り過ぎている米国、EU圏は、
かなり深刻な状況となる。

 そうした状況をによって国民が政府へと、
矛先を向けないように、軍事主張よって、
『あっちが悪い、こっちが悪い』などと、
政策で国民動向を転化する慣習があります。

 逆に日本では、軍事的な紛争が許されて
いないこともあって、むしろそれが良くて、
軍事無く国民動向を中和すると言う高度な
技に出ています♪

 しかしぃ~、殺人、政治腐敗などにより、
致命的な部分を、Mass Communication的に
避けると言うのは、予算案などの時期には、
日本でも、よくある事です。

 本来だと、この予算分野に関して言うと
各政界の支持者達を、大きく左右しますが、
支持者の意識を別に逸らしてしまうことで、
今日まで、第一産業までも食い物にしつつ、
国会が成り立っているのが事実。

労働問題以外にも、第一次産業で問題あり!

 ちなみに日本も、第一産業の活性化が、
見込まれないと、国民の不満が行き場を、
なくす事になる。

 現状では、安い食材を国民提供をしてる
状況にて凌がれていますが、現状の農業は、
一昔前から深刻で多くの国民が海外からの
安い食材に喜んでいる所を、国内の農家が
究極に困難な状況に追いやっている。

 農家の数と、そうでわない国民の数は、
歴然であって、その情報が広がりにくいと
言う悪循環と、農業に無関心な後継的な、
農家の若者が少ない事もあって事の事情は、
かなり深刻。

さて、日本国内での暴動を・・・

 事前に防げることが可能だろうか?

(。-`ω-) ん~♪