記事一覧

近年の政治報道で、不審な点がある!

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2007/9/13(木) 午前 4:07

Mass Communicationは、自民党を狙い撃ち?

 政治関連に関する問題で、Mass Communicationが拾ってくる
話題は、殆どが自民党で、続いて民主党になる。

 その原因は?
金になるから♪
 Mass Communicationは、雑誌社を含めて発行をする情報等が
販売利益に繋がってくれれば、それで良いわけである。しかし、
時としては、贔屓(ひいき)にしている人材を庇うと言う事も、
あるわけでして、致命的な情報を握りつぶす事もあるようです。

 終戦直後は、各政治政党の宣伝を兼ねて、週刊誌や新聞等を
含めて、特定の政治意識を主張しつつ発展をしていきましたが、
近年では、殆ど中立な立場にあるようです。

 しかし政治政党が運営をしている機関紙や新聞等は、当然に
ことなるわけで、一方的な情報の提供しか行われていません。

 日本の国民としては、どの政党が与党になろうが国民として
幸せに生活ができれば、それで良く、国家に対して異論を持つ
と言う事は、必然的に私生活の改善を求めてのことである。

 そうした意味合から「国会を見張る」と言う行為を担うのが
Mass Communicationとなり、その特定情報を牛耳れるが故に、
莫大な利益を得られる。

 しかし、そうした特定のMass Communicationから情報提供に
限られていることからも、それにおける政権力も、大きいとの
見方もあるのですが、只単に「弱みを握られている」と言った
状況に過ぎないようです。
本当の意味での情報

 本来であれば、地球上のあらゆる情報が、飛び交うことが、
好ましく、時は、Internet時代であって、地球の裏側の情報も
瞬時に入手できる状態にあります。

 しかし、そうした環境にありながら先進国の国民達が情報の
利用の仕方を、理解できないで居る。

 それによって、世界の各国が国内特定Mass Communicationの
情報に踊らされることとなる。

 市場の情報、狭い視野でのWorld NEWSや、軍事情報、災害、
国内の惨事情報、気象情報など、よぉ~く観察をしてみると、
異常に情報の視野が狭い事に気が付く。

 近年では、翻訳機能も充実しているので、それらに伴って、
もっと自分達の情報の視野を広げる必要があるのかもしれない。

 農地を耕すように、情報の開拓をする・・・w

 人類規模で必要な、もう一つの開拓分野なのかもしれません。