記事一覧

暮らしのセキュリティ検定を習得♪

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2009/10/6(火) 午後 2:02

暮らしのセキュリティ検定

 ㈶全日本情報学習振興協会によって行われている
検定試験で、『一般』と『上級』があり、その内の
『一般』を習得した♪

( -ノω-)こっそり♪<今日が合格発表日!

(∇〃) .。o(少し不安だったけど、よかったぁ♪)

必要性

 実は、私の御仕事で今後、高齢者との接点なども
増えることが解っており、それに伴った複数の資格
などを習得することを決意!

 その内の一つとなります♪

 高齢者との接する時に暮らしのSecurityに関する
指導なども行えると、御客さん側にも利点があって
更に防犯、防災などの効果もある。

 また普通の人でも、比較的に疎いとされる家庭内
での『安全性確保』に付いてを把握する事によって
安定した生活を保てることにもなる。

資本と安全

 一時期に「安全は、買う物である」と言う時代が
あったことを覚えているだろうか?

 国内における経済的な過剰向上により、警備等の
事業が爆発的に拡大をして、元機動隊員など警察の
人材が警備分野にと、なだれ込んだ時期でもあった。

 その時期には、刑事事件等の事件沙汰も多発して
いる状態にあり、ちょうど良い具合で警備関係での
事業展開にもなった。

 しかし後にて経済的な不景気となったが、国民の
倫理性が高い状態を保てた事で、然程に刑事事件を
増加させているとも言えない状態ある。

 その替わりに、Homelessや家庭内で引き篭もると
言う現象が生じ、それらが世間的に指摘をされた。

 但し、私の感覚だと「Homelessや家庭内において
引き篭もってしまうと言う現象」を過剰に指摘など
する必要が無いのかと想われ、軽蔑的な非難などは、
憲法上においての日本の国民性という観点で許され
無いのかとも、思われます。

資格の習得

 私は、もともと防犯、防災などSurvival(さばい
ばる)に付いて、軍事的な観点(SASの軍事活動
などの書物)や、防災に関する観点での安全性等の
確保に付いての追求も、独自に行っていた事もあり、
且つ、防犯に付いては、色々な犯罪に関しての防御
などに付いて追求をしていた。

 ちなみに犯罪者には、「その活動が合法、非合法
などを問わず活動利益だけを追求する習性」があり、
『成功か失敗』だけの単純な結果だけにしか拘って
無い事が解っている。

 極稀に、世間的に特定の意識を波及させることを
目的に事件を生じさせて、それが世間的な話題にと
なった後にて、特定の目的が波及効果によって適う
と言う現象がある。

 特に刑事事件などで生じる、一つの自爆的戦略が
あって、ある意味でTerrorism活動でもある。

 例えば、少年が児童を人質に取って、少年法等の
改正を訴えた事件や、桶川Stalker事件による結果、
救命医療における困窮した現場事情など・・・。

 ちなみに先の1種は、単独犯による個人的活動で
次の者は、被害結果による民衆からの非難を受けて
おり、後の2種は、Mass Mediaが仕掛けた波及効果
によって、改善にと結びついている。

 そうした『現象の必要性』を無くす事によって、
犯罪などを事前に防げるのかとも想われ、善意ある
者の選択肢を合法的な視野で、増やす必要性がある。

 その為には、やはり相応の知識も必要であって、
情報の収集力、学習力、実践などでの応用力なども、
必要になってくる。

 私が軍事における焦点からSecurity学を論理的に
学ぼうと思ったのは、「自己の命を守りつつ目的を
達成する能力は、軍事的なElite部隊の役務に類似
するのかと想われるから」との観点である。

 軍人は、国家の為に自己の生命における保障等も
無い環境で、目的を遂行する。

 しかし目的を達成する為には、自己の生命を維持
する能力に欠ければ、任務を達成できず、そうした
能力に欠けている者に、任務を任せる事もできない。

 つまり特殊活動や単独活動が行える軍人の多くは、
相応の技能と、自己の安全確保の能力を得ていると
言う者しか頼めないのである!

 そうした『究極の自衛力』を間接的に学びたく、
SASに関連する書物を読んだことがあり、実際に
災害発生時や、防犯、犯罪に巻き込まれた時の対処
などに付いても、応用的に学べる書物が多くあった。

 でも、日本人として軍事活動から何かを学ぶとの
状態も好ましいと言えず、一般国民の視野にて学ぶ
ことに切り替えたが、そこで新たに「犯罪者の視点」
との観点で『犯行を達成させる為に標的を狙うとの
探求心が、結果的に戦場でも、一般世間であっても
然程に換わらない事が解り、改めて「戦略的な防犯、
防災に挑むことによって、相手の戦略構想を無益化
する」と言う思考にと転化して、「改めて、自衛と
言う概念」で、考えることに至っている。

 つまり犯罪者の多くは、戦略的な活動をしており、
中でも暴走族などの活動は、当人達が自覚して無い
であろう、『 戦略的に長けた本能 』によって、
検挙されることなく、活動を成功させることの方が
多いのであり、それらを防止するには、活動戦略を
上回る防御戦略を必要としている。

 また災害と言う観点では、警戒心が薄れていると
言う状態から、緊急時の体制にと変化する為には、
相応の訓練が必要だとも言われている。

 緊急事態に、特定の行動をすれば、危険の回避を
行えるとの体制を整えておくことで、「何をすれば
いいのか!」っと言う迷いが無くなる。

 一般では、その突発的な迷いにより自己の動作が
停止すると言う現象や焦ってしまうとの状態などが
発生をする事がある。

 そうした緊急時の予備体制、予備環境を整えると
言うことで、何も考えずに、特定の行動をすれば、
危険から免れるのである。

 今回のような検定試験を受けるのも有効であって、
それ以外に自分で有事を想定して「こう言う事態が
生じたら、こう活動をしよう!、その為には、何を
準備しよう♪」などと連想的にと考えるだけでも、
『十分に安全の確保』に役立つのかと想われます。

( -ノω-)こっそり♪<恋愛や甘い生活だけを想像するばかりが、能じゃないですよ♪

(∇〃) .。o(同じ能力で、防犯、防災までの追求ができるんです♪)

 それらをImageTrainingと言いますが、空想だけ
と言うのも微妙であり、ある程度の実施訓練なども
行っておくと好く、それが避難訓練や、防犯活動、
護身術の習得などに成るのかと想われます。

愛国主義と犠牲心

 先進国に見られる現象で、政治がらみの思想等を
基にして、反社会的な不当、不法な活動を行う人の
意識的な感覚がある。

 一般に反世間的と言われている現象ですが少年期
などの思春期の時期に「自己の性格と、身体上等の
問題から、不平等性を感じたり、劣等感を世間から
抑圧的に感じてしまうと言う人」が陥りやすい現象
だとも想われます。

 ちなみに、そうした心情に拘った人達が、集団を
形成した場合は、意外に倫理性が高くなることが、
解っています。

 これは、本当に不思議な現象なのですが、暴力団
なんだから、仲間内だろうが誰であろうが暴力的に
対応をするのか?また、生死を掛けて常に誰とでも
争うか?っと言うと、そうでも無いのである。

 集団が形成されると必然的に『約束』が規則的な
効果を発揮したり、暴力的に強い物が弱い者を支配
すると言う社会体制が形成をされ、結果的に支配的
関係などが生じるようになる。

 近年だと代表を祭り上げずに、平等性意識が強い
Gang(ぎゃんぐ)団の存在などが指摘をされていた
こともありますが、そう言う団体の特徴としては、
好戦的で他の団体を敵視して争い、配下に収めると
言うような外交的権力を発揮することで、結果的に
他の組織を服従させる傾向にある。

 さて、そうした不当、不法な団体から被害などを、
受けないようにする為には?

 そもそも、そうした不当、不法となる団体活動を
無益化すれば良い。

 では、彼らの活動による利益とは?

1.世間的な抑圧からの開放
 でも変ですよね?、固有のFashionで他人などを
威嚇している人が多いことからも、変です。

2.偏見からの開放
 偏見を招くような活動を、当人達が好んで行って
いますよね?

3.闘争
 暴力を好む傾向にあり、結果的に何だかの理由を
つけて暴力的な活動を行いたい、又は、手段として
暴力的な対抗も厭わないと言う人たち?

 結果的には、性格の問題も有るのですが、暴力に
屈しないと言う『頑丈な対応』が必要になるのかと
想われます。

 つまり防御体制の強化であり、自衛を意味します。

 幼児が大人に暴力で対抗をしても、何ら平然だと
言う人は、多いのかと想われます。

 ちなみに、その幼児が自己の攻撃に対して相手の
無被害状態に悔しみ、更なる攻撃方法を模索する!
と言う心理も、暴力発展の原因と同じ心理状態かと
想われます。

 それを防ぐ為には、相手が正当方法で挑んだ場合、
故意に負けてあげる必要性も有り、一般的に妥協と
言われる言葉が、該当するのかと想われます。 

 その妥協によって利益性を知った子供は、新たな
選択肢として、暴力でなく他の(交渉)方法などを、
模索する能力を得られるのかと想われ、その心理は、
暴力団などの犯罪意識の強い者にとっても同じかと
想われます。

 安全性の確保・・・それが対人的な安全なのか、
大自然を相手にした安全性なのか?

( -ノω-)こっそり♪<人類最大の課題は、やはり彗星の衝突かと・・・w

(∇〃) .。o(・・・なんて意外にも、突然に地球が自爆したりして♪)

 おぉ~こわぁ~!!!・・・Σ(・ω・ノ)ノ っえ!

やはり逃げ足が速いのが一番♪C= C= C= ┌(;^・ω・^)┘ わっせわっせ!

 こうなったら宇宙の果てまで逃げ切る!、または、
生き抜ける意識をもって、防犯、防災の意識などを
高める必要がありますなぁ~♪