記事一覧

中華人民共和国で、日本人犯罪者が死刑確定

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2007/8/20(月) 午後 9:07

以前にも記事にしましたが。。。

 日本国内法と、中華人民共和国の国内法が異なる為に、
中華人民共和国の人による日本国内での犯罪が多発して
いる問題を、話題に取り上げたことがあります。

 しかし、その逆があると言うことを日本人は、理解を
していなかったようです。
どうして日本人が中華人民共和国で死刑?
 麻薬取引に関与をしており、
それにおける罪状の追及が行われていました。

 しかし中華人民共和国での裁判制度は、日本と異なり、
二審で確定をしてしまう。

 よって『執行猶予なしの死刑判決』とした一審判決を
支持した上級裁判所の判決で、死刑が確定した。

 今回の裁判では、日本人二名が死刑判決を受けており、
中華人民共和国では、初めて日本人の犯罪者に対して、
死刑を行うことになるらしく、刑の手続が進んでいる。
日本国での中国人犯罪を減らす為には?
 犯罪者の引渡し制度を設けて、中華人民共和国にての
裁判を行う条約を日本国との間で、交わすことが有効。

 推定では、日本国内及び周辺諸国で中華人民共和国の
国籍を持っていながら他国で犯罪を行ったら、おそらく
殆どが極刑になるのかと思われます。

 それによって日本国内での犯罪が抑制され減少すると
推測をしています。

 皆さんなら、どうしますか?