記事一覧

「全ての情報が、伝えられて、無い」と、想われる事件例

部分的な(都合の良い)情報だけが、公開されている、可能性

 刑務所で、保健室へと、送られる事例には、「医者からの処方薬を、拒絶する事も、含まれる」と、想われる。

 特に、『精神系の薬を、拒む』のは、一般的(広くは、世界的な規模的:挙げ句の果には、宗教、思想などを、含む)にも、、多いのが、現状。

 今回の記事では、お風呂など、「衛生面で、人権派が、指摘を、行っている」が、精神的衛生の問題が、重要視される事も、多く、『他人に、危害を、加える、可能性(危険性)』を、想えば、何が、優先されるのか」を、『一般的に、理解する、必要が、有る』と、想われる。

記事
約2カ月入浴認めず 横浜刑務所に人権侵害勧告
 ・カナコロ - 神奈川新聞
  ・令和元(皇紀 2679;2019)年10月30日 10時45分

結語

 僕が、知る限りでは、似非民主系(似非人権派)は、本件のような表現を、行う、傾向が、有り、「現職(記事が、公開された時点)の法務大臣が、与党系に、成ってから、外にも、色々な追求が、展開されている」と、感じている。

 なお、世界の各国で、展開されている民主党でも、その特徴が、顕著に、見られる。