記事一覧

外交官の特権 - 事件例

外交官の刑事は、立件を、行えないのか

 外交官、及び、大使館(施設、領地)の特権が、犯罪に、悪用される事件が、生じている。

記事
外交官は“無敵”なのか 訴追免除…不正後絶たず
 ・産経新聞
  ・令和元(皇紀 2679;2019)年12月16日 09時00分

僕の見解

 対処的には、容疑者の母国へと、通報(注意、警告を、兼ねる)を、行い、『(あ)逮捕の許可を、得るか、(い)被疑者の引渡を、請求する』との事が、可能と、想える。

 また、「被疑者の母国から、『(あ)、(い)』の拒絶を、被った場合、大使館の閉鎖を、警告する事が、可能」とも、想える。