記事一覧

報道で、誤魔化される、事例 - 世界貿易機関

大韓民国との紛争

 「棒鋼の関税では、『本邦に、有利な感じで、展開中』と、成って、いる。

記事
WTO紛争処理小委員会、韓国のステンレス棒鋼関税で日本の訴え支持
 ・Newsweek 日本版
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年12月1日(火) 10時11分

 ところが、「日韓貿易の83%で、関税の撤廃が、生じて、いる」との事。

記事
RCEPが日韓の関係改善を後押し、日韓貿易の83%で関税撤廃へ
 ・Newsweek 日本版
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年11月30日(月) 19時25分

韓国に是正勧告のWTO判断を歓迎 加藤官房長官
 ・産経新聞社
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年12月01日 11時07分

僕の見解

 本邦の一般人が、『大韓民国関連の製品を、不買に、思う、事』が、想定される。

 なお、「棒鋼の関税で、本邦が、負ければ、不買の意識が、強まる」とも。想える。