記事一覧

航空自衛隊の試用飛行機が事故!?

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2007/10/31(水) 午後 2:50

ファイル 8036-1.gif

1200億円が・・・

 航空自衛隊にて開発が進んでいる試用機体の
飛行試験(?)にて機体が離陸する時に事故が
発生をしてしまった!

 搭乗員二名が、重軽傷を負っているらしい!

DownBurst(だうんばーすと)現象

 DownBurst現象を御存知だろうか?

 この現象は、一時的に発生をする気流であり、
目に見えないことから、飛行機のPilotからは、
恐れられている自然現象の一つです。

 そのDownBurstの特徴としては、離陸、着陸の
ときに深刻な問題を発生させるのである。

 一時的な乱気流の発生により、飛行機の機体が
急激な上昇や、下降が発生してしまう。

 飛行機の離着陸にわ安定した体勢が必要であり、
不安定な状態だと、事故を招くことになる。

 一般的には、『横風』が重要視されていたが、
近年になって、ようやくDownBurst現象が解明され、
その対策なども思考されているそうです。

今回の事故では?

 そのDownBurst現象が発生をしたのかわ不明です。
しかしDownBurst現象が発生したとしても、Pilotに
その実感が無いことが多いとのことです。

 日本国の場合には、いっそHarrier(はりぁ~)と
言うような、垂直離陸Jet機か、Sweden製のSAAB社
J35Draken(竜)等の方が実践向きかも?

 日本国に求められているのは、自衛権の主張で、
国防以外の軍事に関与することは、憲法によって、
規制がされている。

 日本人の法治的な概念に疎い点があり、日米安保、
及び日本国家の自衛権では、多国籍軍の後方支援を、
憲法でわ関与をしないことになっている。

 しかし自衛隊法によって、それが認められましが、
国民の一人でもが、『裁判にて違憲だ!』と主張を
すれば、比較的安易に対抗できるのかと想われる。

 又新型Jet機の購入よりも、Helicopterの購入を、
考慮した方が実用性があり、災害時の救助、騒音の
低減が見込まれる。

 近年では、場所によってわ『暴走族の爆音以上に、
自衛隊所有のHelicopterによる騒音の方がが煩い』
と判断をしている民間も多い。

 又最新鋭Jet機の購入にて、近隣諸国に対しては、
脅威となる場合も有り、日本国が軍事政権と転化を
する場合(むしろ、その機会を与える条件)には、
最悪なScenario(しなりお)となる。

 何においても『乗っ取り』に弱いし、平和主義の
盲点を突いて、軍事Coup d'étatが発生する原因も、
安易に国家をTerrorismが乗っ取れることが原因だ。

防御力は、事が発生しないことに有益

 日本の国民は、何事においてもService主義であり、
経済的に過剰に豊かになってしまった事から自制の
本能を捨ててしまっている状況にある。

 贅肉は、人体だけでなく国家にも発生しており、
その動脈硬化、静脈瘤、肝炎Virus等と言う現象の
医学的な症状に良く類似している。

 甘い物に過剰に反応し、摂取する事で人体機能を
害してしまうなども発生し、性欲と、性感染症との
関係なども、政治政権の攻防における相対関係と、
よく似ているのである。

 又、国家機関の機能不全と言う概結論では、本来
必要とされる機能を果たさずして、欲望のままにと
活動している結果でもある。

 例え警察が犯罪人を逮捕することが主たる活動と
言っても、原理的に犯罪者を発生させない環境が、
求められている事をService業務で、ねこばば状態。

 苦悩する検事や判事は、再犯や類推事件の発生を
抑制したいが、それへの研究と日常業務とが異なり、
又過剰なほどの事件処理で、研究の余地などが無く、
独自で担当をしている事件に対し、働き掛ける事で
精一杯なのが現状である。

 逆に、判事、検事が苦労して研究をしても・・・。

 むしろ国民一人一人が『自衛』に対して考えつつ、
それを強化して、国民としての自立を果たさなければ
ならず、そうした学習環境等を必要とするのですが、
現状では、それが無い。自然的な効果で、脅威に挑み
必然的な能力として学ぶほか無いのが現状です。

自衛への大いなる疑問

 あなたは、守られたいですか?

       それとも、守ってあげたいですか?

 第三選択肢に『協調自衛』と言う言葉がありませんか?

 自立は、どこまでが自立ですか?

         一人でも生きて行けるのが自立?

 近年、過剰な性差自立がGenderを問わせている。