記事一覧

刑事が、生じても、告発せず - 日本郵便

切手の着服

 証拠が、不十分との理由。

記事
切手着服、告訴見送り 日本郵便「証拠集まらず」
 ・産経新聞社
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年09月18日 11時39分

僕の見解

 刑事は、犯人の特定が、無い、状態でも、被害届を、出すのが、普通。

 それを、行わない、場合は、『(A)幹部、等の関与、(B)事件の関与者が、他の事件にも、関与』、等の内部的な事情に、基いて、「被害の届けを、出さない」(出すと、『(a)企業の印象』が、悪く、成り、『(b)収益性』にも、影響が、及ぶ)との事情、等が、生じて、いた、可能性を、疑える。

 なお、『その事情を、予めに、想定を、行った、事件』(精神病質性が、高い、犯行:僕の経世済民的研究では、『犯行(利己)の方程式』と、呼称)が、生じる、事も、有るのかと、想える。