記事一覧

再審の棄却を、行った、裁判長が、人事の異動で、抗告審を、担当 - 大阪高等裁判所

日野町事件

 大津地方裁判所で、棄却の決定後。

記事
再審棄却の裁判長が再就任「公平な裁判妨げる恐れ」 即時抗告審で日野町事件受刑者の遺族が訴え
 ・京都新聞社
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年06月25日 22時05分

僕の見解

 実は、僕が、東京地方裁判所 立川市部で、不条理な『(A)訴訟の指揮(B)判決』、等を、行う、裁判官の履歴を、調べると、大阪地方裁判所で、経験を、有する、者が、異常に、多い、事が、判った。

 他に、「書記官の外見が、南北朝鮮系の子孫に、見える、人材が、故意に、僕の担当と、成って、いる」とも、判断。

 また、近年だと、国家公務員に、関西系の出身者が、異常に、多く、感じられる。

 更に、だいぶ前から、政治の分野(外に、芸能、等)でも、在日南北朝鮮系が、異常な(合理的な侵略と、想える)程に、有利と、成る、活動(政治的工作;芸能での優位性)が、展開されて、いる、事に、気付き、警戒心を、抱いて、いた。

 逆に、経世済民性の観点から、『(a)在日(南北朝鮮に、限らず)、(b)帰化人』にも、「選挙権を、与えて、好い」と、思って、いたが、後に、考えを、改めて、『在日南北朝鮮人には、選挙権を、与え、ない、事』を、想って、いる。

 よって、『今回の件でも、裁判官が、故意(思惑:事件を、世間沙汰に、する事が、目的)で、担当に、成った、可能性を、疑うに、至って、いる。

 なお、僕も、同等の被害に、遭った、事が、有って、その経験から、『部総括判事の地位で、生じる、職権の濫用』と、想われ、「本件も、担当の裁判官が、部総括判事だった、可能性を、疑う」に、至る。

参考 僕が、提訴を、行った、各事件

東京地方裁判所 立川支部 民事

平成28年(ワ)第2809号 - 書記官、裁判官による職権の濫用
平成28年(ワ)第2660号 - 書記官による職権の濫用
平成28年(ワ)第2590号 - 裁判官による職権の濫用 その四
平成28年(ワ)第2502号 - 裁判官による職権の濫用 その三
平成28年(ワ)第2327号 - 裁判官による職権の濫用 そのニ
平成28年(ワ)第2150号 - 裁判所職員による伝達の妨害など
平成28年(ワ)第2095号 - 裁判官による職権の濫用
平成28年(ワ)第1991号 - 簡易裁判所による送達の事務的事故