記事一覧

月経の周期と、防災

女性の身体的な構造

 人類の古来から、『月齢との連動性』が、指摘されて、いるのが、現状。

語句
・月経
 ・Wikipedia

『(あ)新月型、(い)満月型}』

 近年だと、『(あ)、(い)』に、分ける、観点も、有る。

 「生活の習慣による、影響も、大きい」とも、言われて、いる。

 故に、女性も、過酷な労働の環境、等では、月経の『(A)不順、(B)停止』が、生じる、事が、医学の観点からも、解かって、いる。

参考
・無月経
 ・Wikipedia

防災の予測

 女性の特有な周期性を、用いて(活かす、事で)、家庭内の安定を、図る、事も、可能と、想える。

参考
・月経前症候群
 ・Wikipedia

 「近代的な女性の多くが、非自然的労働の環境から、『心身へ、影響を、及ぼす、事』、等が、多く、『正確な目安に、成り、難い』と、想える」が、『ある程度の予測を、行える』とも、想える。

 また、「女性の心身における、不調の気配に、留めず、自然の環境、世間の事情、等にも、気を、配る、事で、家庭内の警戒心を、強める、事が、可能」とも、想える。

 更に、「(前節)だから、こそ、『女性が、家事(家政)に、専念を、行う、文化の習慣も、有る』とも、想える」が、「それ程に、理解の有る、一般の家庭が、標準で、多く、存在すると、想え、無い」のが、本邦の事情。

 故に、「災害、疫病、等から、免れる、事が、困難と、成り、被害が、生じる」との論理式も、成り立つのが、現状の本邦と、成って、いる。

後書き - 日本国 憲法の前文に、習いて

 本課題の記事は、『日本国の憲法 前文 第二段落目』の観点から、公表を、行うに、至って、いる。

関連する、法規

日本国 憲法(電子的政府
昭和二十一年憲法

 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を
支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を
愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と
生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、
専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと
努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたい
と思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と
欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有する
ことを確認する。