記事一覧

Antenna と 『手すり』等との接点

SWR との関係

 Antenna(アンテナ)を設置する時に、
他の金属と接点が有ると、送信に影響を
生じさせる事が有る。

 特に SWR(Standing Wave Radio) の
値に変化が生じ、且つ出力にも関係する。

Radial が接触している

 GP(Grand Plain:グランドプレーン)
Discone(ディスコーン)、八木・宇田、
Stack Antenna などでは、 Radial や
Element(エレメント)が、手すり等に
接触することが有る。

ファイル 2230-1.jpg

 小さな接点でも送信時における影響は、
意外に大きいことが有る。

 例えば、設置した時には、接点が無い
状態でも、暴風や鳥などの影響で後から
接点が生じる事も有る。

 その場合には、接点が無かった時より、
SWR の値が高く成ったり、出力が落ちる
などの変化が見られる。

 特に、Terrace(テラス)や、Veranda
(ベランダ)に設置している場合には、
注意が必要で、台風などの暴風が生じた
時には、再点検をする必要が有る。

留意点

 設置した時の値から、その後 SWR や
出力に変化が生じている時は、Antenna
の設置状態を再確認する必要が有る。

 又、Antenna が正常でも、途中の同軸、
接続点などに問題が生じている可能性も
あるので、再点検をする必要が有る。