記事一覧

太陽風と、母乳の関係

太陽風と、極光

 現代の科学では、太陽から何だかの力が働きかけている事が解っており、それらが徐々にと科学的に解明されている。

 例えば、『日の光を暖かく感じたりする』等が一般的に把握されているが、その他にも光線、他の動力源(エネルギー:Energy)等が確認されている。

 それらの中に、太陽風と言う現象で伝導する動力源が有り、地球上では、極光(Aurora:オーロラ)が有る。

 太陽風によって地球へと動力源が吹き付けられ、地球の環境に必要とされる物質が取り入れられつつ、他の物は、化学的変化などで処理される。

乳房と母乳

 女性でありながら、乳房の仕組みに付いて理解されてない現代人が未だ多いのかと想われるが、その事に付いては、各自で調べられたい。

類似する仕組み

 十分に乳房の仕組みを理解されている事を前提に、改めて太陽風と母乳に付いて、比較を行ってみたい。

 太陽から発生する太陽風は、動力源を運びつつ、それを地球でも受けている。

 また乳房は、母体の血液から栄養が送られ、乳液化される。

愛する人を『我が太陽』と言うけども

 科学が現在のように発展するに至ってない文化の環境で、恋人同士が相手を、太陽のように慕う事(心理)が有り、恋愛に限らず、親子間でも生じる。

 『動力源を発生させる人、それを受け取る人だけの関係』と、『双方で御互いに必要とされる動力源を発する相互の関係』で成り立つ人間の関係など色々と有るけども、「動力源を発する人が、それを行う為に必要とされる、自らの動力源を、どのように入手をするか」も問われつつ、あらゆる生物や物体の関係が成り立っている。

究極の観点

 ちなみに究極の観点として、「猛禽類が農耕を行い、それで生存に必要とされる栄養の全てを賄える場合、他の昆虫などを含む、捕食する動物を必要とするのか」が問われる。

 皆さんは、動物の肉を食べさせられ、それを好むように仕向けられているが、その動物達は、人に食べられる為に飼われ、その肉を食べる人々も、肉を売る人の為に生きている訳であって、逆に人の肉を食らうかの如くに、醜い争いが資本の競争で展開する事も有る。

 なお、広く世界中で現行の赤十字は、輸血などの医療面で優位的な地位に有り、売血の業者としても有名だけども、宗教的な戦略性が過剰に成っている事から、吸血鬼に例えられる事が有る。(僕も、そうだと判断するに至っている)