記事一覧

「 規則 」って何だろう?

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2010/3/28(日) 午前 9:34

ファイル 7945-1.gif

規則の位置づけ!

 日本国で『 倫理 』を習う時に、憲法、法律、
政令、条例などの効力に関する順位を習うのかと
想われます。

 日本国だと、憲法、法律・・・となりますが、
訴訟などを行っていると、『 規則 』と言った
部分も出てきます。

規則

 これは、法律(但し、法律自体が違憲であると
される場合は、微妙ですが・・・)を逸脱しない
と言う範囲内で、独自の範囲にのみ効果が生じる。

 例えば、企業(会社)、学校、行政機関など、
その特定範囲内でのみ効力を発揮する。

 また、各々の団体によって、定めている内容に
なるのですが、「 法を補足する意味合い 」で
設定がされているようです。

刑事、民事での訴訟規則

 訟廷行為を行っていると、『 訴訟規則 』に
従うことを強いられる。

 『 民事訴訟法 』の設定は、法務省ですが、
『 訴訟規則 』に関しては、最高裁判所にて、
設定がされています。

 また、『 民事、刑事 』にて、各々が別の
訴訟規則として設定がされています。

 

 つまり『 民事訴訟 』を行う場合、『 民事
訴訟規則 』が適用をされ、その規則に従って、
訴訟手続きが行われる事に成ります。

 もっと解り易く説明すると、例えるならSports
などの『 Rule(るーる) 』は、それの厳守を
行わない場合、相応の罰則があったりしますが、
そのSportsを行ったり、公式の範疇でのみ競技が
公認形式で行われつつ、その記録(Record)が、
記録をされます。

 よって、「○○と言う条件下(規則範疇)にて、
運用をされている」となり、裁判所に限らずとも
会社規則、学校規則など、あらゆる分野に規則が
あって、その規則によって運用(運営)がされて
いるのが殆どです。

( -ノω-)こっそり♪<序ながら近年で言うFreeSoftなどでのGNU と言う分野にも関心を抱いて頂きたい♪

 しかし法の効力を逸脱しない(広くは、違憲と
成らない範囲)とされ、『 独自の規則 』が、
有ると言うのも特徴的です!

 それは、「 Aと言う行為が規則に定められて
いる場合や、定められてないとされる規則もある
のですが、『 独自の規則 』によって得られる
利益性が追求をされており、それが『 公式的な
条件 』と同じように解釈されているようです。

 「Aと言う結果を導き出す為にBと言う規則が
あって、それを導き出す為にCが定めた。しかし、
法に反する(不当、不法となる:法は、違憲にと
成らない範囲で定められている)場合は、それに
従えないとする、苦情、意見、規則の改善請求が
行える」のかと想われます。

  • --

>補足
 制定された、又その予定のある法律が違憲的で
あると感じる場合には、『違憲である』として、
国と争う(訴訟になる)ことも可能であり、最近
だと『』が有ります)」との現代的な正当なる
反意活動が見えてくるのかと想われます。

  • --

 先の構図を解り易く展開するならば、「Cは、
Aと言う結果を導き出す為にと、Bを設定して、
参加者(従事者、利用者など)に、それに従うと
言うように『 取り締まった(取締役) 』」と
言う展開にも成ります。

 これで、『 規則 』の位置づけと、『 取り
締まり役の役割 』が理解されたのかと想われ、
世間における倫理性の構図なども、見えてきたと
想われます!

参考 Wikipeiad

・民事訴訟規則
・刑事訴訟規則

結語

 私は、法学を学ぶ以前に『 倫理 』を独学で、
密かに色々と学んでいる経緯があり、当然に宗教や、
団体、社会(会社)などの「 団体形成の構図 」、
国家、地方、町内自治、警察(主に防犯で、取締り
と言う点では、防犯の余白程度)、暴力団の形成、
秘密結社などを色々調べたりして基礎が有ります。

 人は、宗教などで地位の高い者から「御利益等の
ある物だ」と言われ、手渡された物を意味も解らず、
肌身離さず持つと言う性格を有する人が多い。

 又、時に好奇心から、開封すると御利益が薄れる
と言われながらも、開封して中身を確かめてみたり・・・w

( -ノω-)こっそり♪<手書きならともかく、印刷業者に利益が移動していると解ると、微妙だが・・・w

(∇〃) .。o(仏教では、それを『 知らぬが仏 』っと言う・・・♪)

 私的には、「 案ずるよりも、都合の良い暗示に
かかる方が易い 」 と言う感じもしますが・・・w

 西洋、東洋の折衷的には、「信じる者は、足元を
救われる」と言う状態にあり、そうした人間たちの
状況を、客観的に見ているであろう、神仏、精霊は、
何を楽しんでいるのか・・・(。-`ω-) ん~♪

 さて規則ですが・・・w

 私の解釈だと、「 規則は、慣習的な物であって、
法律でわ無いが、規範である。その効力が有効だと
される範囲も自然に制限をされるが、その内容が、
常に利益と成るとは、限らない。また、その規則が
過剰であれば、『 違憲的な物である 』と解釈が
行える 」のかと想われます。

 よって最高裁判所が設定をしている規則は、業務
慣習を定める物であり、それが民に常に利益がある
と言う訳でもなく、公務という意味合いで利益性が
追及されている節が強いが、それに対して民側でも
異論、反論が日常でされてないのだから、修正や、
改善等をされに値しないが、時代相応に世間的なる
観点で修正、改善をされている程度の物である。

 しかし本来なら、民の為に有る公共機関であり、
憲法であれ、各種法であれ、当然に規則であっても、
民の一人として、不利益が生じていると言うならば、
相応の主張を基に、国や公共機関と、損害の賠償を
請求する訴えを発生させる必要があり、不当、不法
などと成る行為と異なり、正当な現代的な有り方で、
訟廷内での紛争が認められている(但し、法や規則
などを逸脱される行為は、認められない)のだから、
それによる戦いによって、勝利を得る必要がある。

 また、そうした真理の根底は、なんらTerrorismの
根源意識と変わらず、「 人が特定の条件によって
生じるであろう自然的な感情において、争う意識を
抱いた(強めた)場合に、利用が行えるのが訟廷で
あって、それを利用する事を憲法にて国家が保障を
するに至るが、それを利用する民が少なく、不当、
不法な行為や、人生における過剰な挫折心情による
自殺などが多発をしている状態にある 」っと言う
状況が現代の日本国における現状で、民事の訟廷を
活性化させる事で、刑事事件(的)に至るとされる
物事等を抑制できると目論んでいます。

 
 尚、私は、救世主でも、仏や神、精霊の使いでも
無いのだから、過剰な救済活動に身を投じると言う
つもりも、まったくに無く、将来でも不変である。

( -ノω-)こっそり♪<その点を私的に、神仏、精霊に明確にしておきたい所ですが・・・w

(∇〃) .。o(相手が、それを聞き入れるか、どうか♪)

 一般人として、人の家庭(過程)を維持するべく、
健康(建工)と、健全(顕然)を追求する日々にと
あって、他から見れば「 哲学を語り、その教えを
説き広めるなら、宗教や教祖かと想われるのですが、
現状において、憲法と法律程度を用いた論説程度の
内容であり、別に特化した知識でもなく、一般人の
誰でもが、本来だと把握している必要のある、憲法、
法律など内容を基にした、私生活の向上を追求して
いる 」っと言い程度の内容である。

 それは、法学を学ぶに至り、「 憲法は、法は、
全国民が把握をしている内容である 」との教育を
元にした主張なのだから、将来においても何だかの
宗教などに属せず、少なくとも憲法、法律ぐらいを
厳守しつつ、私生活の利益性を追求して、不利益が
あるなら、それの改善請求(苦情)を行う程度での
ことである。

 現代的な争い方の規則とは?

( -ノω-)こっそり♪<去年度の私は、『 争いの法則を学んでいた 』と言えるでしょう・・・w

(∇〃) .。o(当時に、その認識も無く、現状でも学習成果があるのかは、別なんですけど♪)

 あ、名乗り遅れました!

 わたくしは、『 日本の国民、その一人』 と、
申します・・・w