記事一覧

間宮海峡でRussiaの潜水艦が、事故を発生させた?

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2008/11/10(月) 午後 11:36

ファイル 9434-1.gif

私的には、どうでも善い事だけど・・・

 宙(宇宙)に関心が有る、先進国の民と
すれば、その盲点となる海洋の研究などを
行っているという点で、人類的に頼もしい
限りである。

( -ノω-)こっそり♪<Russiaって、そう言う所に、よく気が付く・・・ある意味で、まめ♪

(∇〃) .。o(やはり、『まめ』だと、もてるのかな♪)

栗きんとん

 年末を迎えて、そろそろ、おせち料理の
話題なのかと・・・。

 そうでわないが中東地域での紛争に対して
一枚噛んでいると言われている、栗きんとん
大統領の話題である。

 Chimpanzee(ちんぱんじー)よりましかと
想われつつも、そぉ~もでないか・・・w

日本の国防と、Russia

 Russiaにしてみれば、参勤交代の如くにと
軍事に経費などを消費してくれれば、相応に
『穀潰し活動』にと経済が消費をされる事で、
日本における過剰な文化向上意識を、抑える
ことなどができる。

( -ノω-)こっそり♪<原油が高騰した時期に、頻繁に『おとり』で燃料消費したものなぁ~♪

(∇〃) .。o(自衛隊の『三分の一』が出動したと着た時には、愕然としたけど♪)

結論

 日本国の理解と、他国との理解は、大いに
異なるのである。

 Russia、中華人民共和国、あらゆる国々で
軍隊が設置されている国では、宇宙航空など
科学機密や、危険的な調査なども、全てを、
軍部による活動によって行なわれているのが
極普通のことである。

 やはり、心身共に鍛えられた人員によって、
その活動率を高めようと言うのが、根源にと
あるようです。

 しかし、そうした世界観で唯一に日本国は、
軍事的活動者と、危険地での活動者との差が、
明確になっており、混合をされていない国に
なっています。

 これは、先進国と言う観点では、珍しくて、
且つ和平的融和活動と言う観点では、大いに
正解から注目と気体をされている・・・けど、
日本国の憲法は、その観点から考えてみれば、
日本国民よりも、外国の民の方が詳しいかも?

っと言うことで・・・

 海底では、宙(宇宙)を飛べなくなったと
される鳥に任せるとしまして私達は、宙へ・・・w

 なお、やぁ~い♪やぁ~い♪悔しかったら
宇宙開拓に、もっと出資をしてみやがれぇ~♪

( -ノω-)こっそり♪<これが、現代的な正当なる長髪かと想われる・・・w

、、、...φ( ̄ω ̄ めも♪めも♪