記事一覧

『みんく鯨』がAmazon川を漂流中?

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2007/11/18(日) 午前 10:34

ファイル 8040-1.jpeg

今回の写真

(∇〃) .。o(この画像は、Internet上で拾って来た物です♪)

「あたいも、『たま』って言うんだけどね♪」

(∇〃) .。o(・・・いいから、そこを、どきなさい♪)

Amazon川って、淡水だよね?

 体長5mの『みんく鯨』が、Amazon川支流の
Tapajos(たばじょす)川の湿地から助けられた後で、再び
Tapajos(たばじょす)川を上流へと向かったらしい!。

 ちなみにTapajos川の上流には、Paraguay(ぱらぐあい)川がある

 最近の『みんく鯨』は、とても冒険好きなのである♪

・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

<参考 CNN.co.jp>

Amazon川って淡水だよね?
 
 ところで私の知る限り『みんく鯨』は、海水の中で
生活をしているのかと思われたのですが何故か淡水の
川を遡っているのです・・・(。-`ω-) ん~♪

 時として、湾などに迷い込む等と言う事は、巷でも
よく聞かれるのですが、川を遡るとなると・・・。

 『みんく鯨』が、『鮭』と浮気をして出来た子供が、
Amazon川を遡っているのか!?

 などと思うわけも無く・・・w

日本でも、海から川へと・・・

 冒険好きな海水の魚などが、淡水の川を遡ると言う
奇妙な現象を都心地でも見られるのですが、比較的に
記憶に残っているのが、『たまちゃん』でわないかと
思われます。

でも、どうして淡水の川を遡るのか?

 鯨は、もともと陸上の動物で、それが海へと帰った
とも言われ、その逆説も学説的にわあるようです。

 それにしても、淡水と海水とでは、大きく異なると
思われるのですが、どうしてAmazon川を遡るのか?

 時として『みんく鯨』の場合には、鯱(しゃち)に
追われて、湾岸などに逃げ込む事があり、殆ど集団で
生活をしているので、一気に大量数の『みんく鯨』が
海岸にと打ち上げられてしまう事がある。

 又それ以外にも、何だかの原因で海岸にと大量に、
打ち上げられる事もあり、その都度に地域の住民達が
救助活動を行う事となる。

私の推測

 今回の事件では、おそらく『みんく鯨』が天敵にと
追われ川へと追い詰められたが、あまりの恐怖心から
後戻りできない状態にあるように思える。

 そこで遡る一方を辿っているのかと思われるだ。

 しかし、そうした状況が続くことは、決して良いと
言う状況でわなく、むしろかなり危険な状態にあると
言え、餌や水質の関係から徐々に危険が増す可能性も
あるので、今後の安否が気遣われる。