記事一覧

且つて人類は・・・

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2008/10/28(火) 午前 3:23

ファイル 6866-1.gif

戦争と言う戦場の舞台で・・・

 敵の銃弾に倒れた同胞を踏んでも、
前進をする必要があった。

 生き地獄を目の当たりにした現実。

 国が決めたことだから・・・。

 その為の人生だったのか?

時を越えて現在

 戦争における悲劇からは、免れてる
状態にあれど、小規模ながらに発生を
する最悪な出来事は、後を絶たない。

 それでも、100年前での日本国に
おける歴史的事実よりは、ましなのか?

それでも許せないことがある!

 ・・・目の前で恐怖に怯える人。

 何もしてあげられない、非力な自分。

 例え愛する人でも、守りきれないと
言う時が、人にある。

日本国 憲法

前文 一部抜粋

日本国民は、恒久の平和を念願し、
人間相互の関係を支配する崇高な理想を
深く自覚するのであつて、平和を愛する
諸国民の公正と信義に信頼して、われらの
安全と生存を保持しようと決意した。
われらは、平和を維持し、専制と隷従、
圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと
努めてゐる国際社会において、名誉ある
地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の
国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、
平和のうちに生存する権利を有することを
確認する。

第十二条

 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、
国民の不断の努力によつて、これを保持しなければ
ならない。又、国民は、これを濫用してはならない
のであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する
責任を負ふ。

第十六条

 何人も、損害の救済、公務員の罷免、法律、命令
又は規則の制定、廃止又は改正その他の事項に関し、
平穏に請願する権利を有し、何人も、かかる
請願をしたためにいかなる差別待遇も受けない。

 同じ悲劇を繰返さない為にも、他の国民が行うべく
手段は、憲法に記されて居なかっただろうか?

 現代の日本国民達へ問う・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

 我々にも、できることが有るんじゃないのか?

 できる限りの事を出来る人が行えば善いのであり、
出来ない人は、出来る人に伝えるべく内容を伝える
ことで、その責任を果たしていると、言えるのとも
私は、判断をしている。