記事一覧

給付金の除外は、違憲 - 東京 地方 裁判所 - 提訴

性風俗事業者

 『(A)持続化給付金』、『(B)家賃支援給付金』の対象から、「性風俗事業者の、除外を、行った、事」が、法の下の平等に、反して、違憲と、主張。

記事
コロナ給付金除外は違憲と提訴 性風俗事業者が東京地裁に
 ・山陽新聞社
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年09月23日 18時06分

僕の見解

(あ)
 「(ア)事業税、等を、適切に、収めて、いる」のならば、「(イ)相応な権利の主張が、有っても、当然」と、想える。

 逆に、『(a)闇営業』、『(b)脱税』、『(c)外の不法な行為に、関与が、有る』、等の類は、排除される、必要が、有る。

(い)
 一般人(在日外国人を、含む)の利用は、特定的な者に、限られ、「社会風俗上で、多くの民が、利用を、行う、為の営業」と、異なる。