記事一覧

凄く可愛い女子高生と接吻!?

三部構成の夢を見た その一

 天然痘に感染したような上半身に
水泡ができた児童が夢に出てきて、
秒後に眼が覚めた。

女子高生(少女)達が登場!? その2

 直ぐに二度をしてしまい、廊下の
ような所を歩いており、外へ出よう
としたら、普段着の女子高生ぐらい
となる年齢の子が、後ろ向きに成り
Skirt(スカート)を捲り上げて、
下着を露に御尻を向けてきた。

 興味が無い(可愛かったのですが、
子猫を見た時と同じ感覚だった)ので、
無視して外に出ようとしたら、怒って
体を張り立はばかる。

 そして、その女子が私の後ろ側に
ある部屋に居る、もう一人の女子と
合図しあって、私が外に出ることを
認めた。

そして外に出たら!

 Bikeか自動車の整備工場の場面で、
昔に自分が勤めていた中古 Bike の
販売店に居た同僚がおり、その人が
居る整備部屋を歩いて外に出たら、
なんと、大雨が降ってきた。

 そして瞬く間に、水が浸水して、
洪水となり、二階に避難をしようと
階段を上ったら、可愛い少女が居て
(この子も普段着で女子高生ぐらい
と成る年齢だが、ませた中学生にも
見えた:よく解らないけど、先にて
外に出ようとしたのを阻んだ女子と
同じ子?)、私と逢えた事を喜んで
突然に、口に 『ちゅぅ~♪』っと
kiss してきた。

 『自分の子供に、kiss をされて
いるみたい』で、複雑な心境だった
けど、「そんな場合じゃない!」と
携帯電話で、実の弟に(実際は、
非常に仲が悪く、十数年も疎遠と
成っており、もともと17歳ときに
絶縁を宣言している)携帯電話で、
(洪水の)非常時連絡をした。

 始めに弟は、「何かあったの?
(かなり最悪状態だけど、平常を
装っている感じで、電話の背景で
洪水に襲われる轟音が鳴っていた)」
っと聞くが、私が「何かじゃない
だろ!」っと言うと、「ハハハ♪」
っと、明らかに『もう駄目だ』と
諦める笑いの感じ。

 そして次の瞬間に、「うわぁ~!」
っと言う叫び声と、携帯電話が、
激流に飲まれる、『ごぼ♪ごぼ♪』
と言う音が聞こえ、静かに成った。

 そして『っぴ♪』っと言う電子音が
なり、全体が暗くなり、映画やDVD
などを鑑賞して、それの再生を止めた
ような音で、「え!?」って感じから
眼が覚めた。

実は、

 前日に、「お盆の時期だなぁ」と
想いつつも・・・。

「 お盆に 帰る家無き 海の中 」

 っと言う感じで、津波の被災者を
偲んでいたりする。

 それの影響かは、解らないけども
毎度ながら、現実味のある夢だった。