記事一覧

Partner Ship(パートナーシップ)制度 - 寒川県 横浜市

共同の生活

 自治体の承認を、得れば、『 準夫婦 』に、割り当てられ、市営の住宅へ、入居する資格、等も、与えられる。

 また、その制度によって、「実質的に、同性婚を、認める事にも、値する」と、指摘されている。

記事
横浜でパートナー制度開始 LGBT、事実婚も
 ・産経新聞社
  ・令和元(皇紀 2679;2019)年12月03日 00時09分

僕の見解

 民法上、「夫婦は、『共同で、生活(経済性を、維持する)する事の義務』が、課せられている」が、それを、『男女に、限るのか』が、疑問視される。

 実は、同性愛者達に、限らず、同性との生活、及び、会社、企業での協力的な体制は、宗教でも、行われており、『子孫が、見込まれない関係』から、「当人の『(A)財産、(B)何だかの権利』を、継承する事」が、問われる。

 法律では、夫婦、及び、その子孫へ、(A)、(B)を、相続する事は、一般的にも、認められているが、他人間(血縁の関係、または、養子縁組、等、戸籍上で、親族の関係)が、無い、間では、『贈与、譲渡、継承』の観点が、有る。

 つまり、本来なら、他人間でも、『贈与、譲渡、継承』が、可能と、想えるが、その時に、『他人の家系に、変わる』と、言う部分が、問題視される。

 例えば、『会社と、家庭』の比較を、想えば、「『会社の創業者、及び、部下の関係』、並びに、『家庭の夫婦、及び、子孫の関係』は、『類似、並びに、平行』が、可能で、それらを、想えば、『何が、問題視されるのか』を、一般人でも、解り、易く、成る」のかと、想える。

 また、会社の創業から、部下を、血縁関係者で、構成する事例も、有る。

 つまり、『(あ)家名の維持、(い)子孫の維持』が、主体で、『(ア)人の尊厳、(イ)生きた証』を、どのように、『(有)残すのか、(務)残さないのか』が、問われる。

 逆に、『(弌)血縁関係者に、遺産の相続を、行わず、(弐)他人に、譲渡を、行う事も、可能』だが、前出の(あ)、(い)を、維持するには、戸籍上の家系に、関わりつつも、それが、『(1)消滅、(2)存続』が、起点(及び、原点)に、成る事も、解るのかと、想われる。

 更に、追求を行えば、『生活の維持(経済性の共同、及び、平等な責任)、財産の共有性、維持性』から、「誰が、権利と、責任を、有するのか」が、問われる。

 人の性格では、「(Ⅰ)自分の名を、残さない観点(事例、「高僧は、教えを、残すが、名を、残さず」、等)、(Ⅱ)自分の名を、後の人類に、至るまで、名誉を、残す事」との観点も、有る。

>諺の参考
 ・子孫の為に美田を買わず
 ・虎は死して皮を留め、人は死して名を残す

 究極の観点では、「『(壱)自分の遺伝子、(貳)遺志』は、誰が、引き継ぐのか」が、問われつつも、前出のように、それらを、残さない観点も、存在する。

 よって、結果的には、「共同で、生活する事の、責任を、平等に、負い」、「それによって、得た、利益、又は、各々で、維持する、物を、『(有)残すか、(無)残さないのか』、『(継)残すなら、誰に、引き継がせるのか』」が、問われ、『異性、同性、親子、他人、他物(人以外の物)』との関係が、問われつつ、それらの責任を、果たすのが、人の関係、つまり、人間の関係と、成るのだから、「『同性愛夫婦』への拘りは、宗教上の観点で、生じている問題で、人類史から、想えば、『只単に、『利益の共有、及び、継承の有無』が、問われる程度の観点で、想えば、然程の事でも、無い」との事が、解るのかと、想える。

 なお、この文面を、最後まで、読んだ、女性に、告ぐ、「俺の言葉に、『胸、揺れ、動かされた』等と、思っているような、無駄に、大きな、乳房は、求めない」ので、そこんところ、よろすこぴぃ。

関連する法規

民法
公布 令和元年六月十四日
改正 令和元年 法律 第三十四号

第七百五十条(夫婦の氏)
 夫婦は、婚姻の際に定めるところに従い、夫又は妻の氏を称する。

第七百五十一条(生存配偶者の復氏等)
 夫婦の一方が死亡したときは、生存配偶者は、婚姻前の氏に復することができる。

 二項
 第七百六十九条の規定は、前項及び第七百二十八条第二項の場合について準用する。

第七百五十二条(同居、協力及び扶助の義務)
 夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない。

第七百五十三条(婚姻による成年擬制)
 未成年者が婚姻をしたときは、これによって成年に達したものとみなす。

第七百五十四条(夫婦間の契約の取消権)
 夫婦間でした契約は、婚姻中、いつでも、夫婦の一方からこれを取り消すことができる。ただし、第三者の権利を害することはできない。

第七百五十五条(夫婦の財産関係)
 夫婦が、婚姻の届出前に、その財産について別段の契約をしなかったときは、その財産関係は、次款に定めるところによる。

第七百五十六条(夫婦財産契約の対抗要件)
 夫婦が法定財産制と異なる契約をしたときは、婚姻の届出までにその登記をしなければ、これを夫婦の承継人及び第三者に対抗することができない。

第七百五十七条 削除

第七百五十八条(夫婦の財産関係の変更の制限等)
 夫婦の財産関係は、婚姻の届出後は、変更することができない。

 二項
 夫婦の一方が、他の一方の財産を管理する場合において、管理が失当であったことによってその財産を危うくしたときは、他の一方は、自らその管理をすることを家庭裁判所に請求することができる。

 三項
 共有財産については、前項の請求とともに、その分割を請求することができる。

第七百五十九条(財産の管理者の変更及び共有財産の分割の対抗要件)
 前条の規定又は第七百五十五条の契約の結果により、財産の管理者を変更し、又は共有財産の分割をしたときは、その登記をしなければ、これを夫婦の承継人及び第三者に対抗することができない。

第七百六十条(婚姻費用の分担)
 夫婦は、その資産、収入その他一切の事情を考慮して、婚姻から生ずる費用を分担する。

第七百六十一条(日常の家事に関する債務の連帯責任)
 夫婦の一方が日常の家事に関して第三者と法律行為をしたときは、他の一方は、これによって生じた債務について、連帯してその責任を負う。ただし、第三者に対し責任を負わない旨を予告した場合は、この限りでない。

第七百六十二条(夫婦間における財産の帰属)
 夫婦の一方が婚姻前から有する財産及び婚姻中自己の名で得た財産は、その特有財産(夫婦の一方が単独で有する財産をいう。)とする。

 二項
 夫婦のいずれに属するか明らかでない財産は、その共有に属するものと推定する。