記事一覧

移民に、仕掛けられた、罠

前提

 『(A)Gold Rush Syndrome 』、『 (B)New World、(C)New Continent 』との発想が、有る。

 なお、(A)、(B)(C)の過去に、基づき、現在での事情を、解説。

(A)Gold Rush Syndrome

 日々に、冴えない、生活の環境から、脱却を、図る、為に、(A)を、思い、一攫千金を、狙って、出稼ぎに、出る。

 企業、及び、鉱物、等の買い取り業者は、資源の搾取が、終わると、現地から、撤収。

 最後に、残ったのが、『(a)関連の廃墟』と、『(b)労働者、及び、その子孫達』との状況に、陥る、事は、広く、知られて、いる。

 本邦では、「鉱山、等、鉱物の発掘、何だかの大規模建築に、外国人労働者を、用いて、いた」との事が、解って、いる。

語句
・Gold Rush Syndrome
 ・Wikipedia

(B)New World Syndrome

 『現状の生活を、全改』、『新たな他文化との接触で、生じる、新感覚』(異文化交流)、等、「現状の生活が、社会的(自らが、所属する、国政の)制度に、伴う、影響で、生じて、いる」との観点から、改革的に、改善を、試みようと、志す。

 主に、『(ⅰ)裕福層の好奇心、(ⅱ)貧困層の野望』が、基礎と、成り、易い。

語句
・New World、New Continent
 ・Wikipedia

(C)New Continent Syndrome

 祖国、又は、領土を、捨て、新天地を、求める。

 (A)、(B)に、類似するが、「(A)の観点では、出稼ぎ」の感覚が、強く、「(B)では、現状の生活を、改める」のが、主体と、成るが、絶望すると、(C)に、移行と、成る、事も、多い。

 故に、本節では、『主に、移民』が、主体と、成るが、米国のように、「白人が、黒人を、連れて、米国の領土を、占領、開拓を、行う、事も、有る」が、その場合だと、(B)を、主張する、傾向に、有っても、客観的に、『英国を、離れて、独立するに、至った、訳』だから、やはり、(C)が、該当する。

 (A)、(B)には、比較的に、帰る、場所(国)が、有る。

 (C)に、至っては、『本邦における、離婚後の嫁』と、同等な心境に、男性でも、陥るのかと、想えるが、『流れ者』(風来坊、荒くれ者、やくざ、等:己の性格が、悪い、等の理由から、一般の大衆と、人間の関係を、円満に、保持する、事が、行え、無い)の存在や、村八分(の末に、村を、追い出される、等)から、新たな居住地(定住地と、限って、無い)を、求めて、移動を、行う、人も、居る。

 『本邦に、限らず、あらゆる先進国で、生じて、いる、移民の問題』から、本説では、不法な『(弌)入国、(弐)在留』を、除く(つまり、別の問題)。

 帰化後でも、その子孫には、「祖先が、移民だった、事の事実」に、変わりが、無い。

 その心情に、親が、耐えても(主に、子供の為、等の理由から:祖国への送金、等を、含む:つまり、移民の一世代目、及び、その親による、我慢が、有っても)、子孫(子供、孫、等の世代)が、耐えられず、不良化する、危険も、有る。

 挙句の果に、移民の夫婦が、『(Ⅰ)理解者を、増やす』(家族を、増やす、事で、人間性の維持を、図る)、『(Ⅱ)宗教(が、信者を、増やす:つまり、Slave の確保)を、建前』に、計画性の無い、多産の推奨を、行う、傾向に、有るが、結果的に、失敗(子孫の不良化)と、成る、事も、有る。

 ところが、競合国(例えば、移民者の祖国)の立場では、「(ⅰ)厄介者を、国外に、追放、(ⅱ)競合的相手国内で、移民が、不良化する、事で、相手(競合)国の経済に、負担を、生じさせる、事が、可能」と、成る。

 つまり、「例えば、『かっこう』の托卵により、孵った、雛が、他の卵、雛を、巣から、落とす」と、言うかの如く、労働の分野、等で、『移民の子孫に、脅威を、感じて、邪魔者の扱いを、自然的に、行う、大衆心理的な、事情』(「表見上で、脅威に、想える」と、主張を、行い、排他を、行う、大衆の心理も、有る)が、解る(中学生程度の知識が、有れば、『平等性の維持』における、限界が、解る)のかと、想われる。

 更に、移民の受け入れ国では、『まるで、免疫系における、自己的防衛の如く』に、「一般の国民が、競合国の移民に、不快感を、抱くが、それによって、『①自己の利益、及び、国益』、並びに、『②愛国心』を、抱かせる、事が、可能」と、成る。

語句
・免疫系
 ・Wikipedia

本邦の事情

 昭和の好景気から、徐々にと、低成長と、成り、文化の発展では、人口の生産でも、自然的な抑制が、生じて、いる。

 本邦(だけの事情に、限らず、移民の問題が、生じて、いる、各国)の民(移民の子孫を、除く)が、少産化と、成って、いる、状況で、移民の子孫(帰化人、及び、その子孫を、含む)が、多産の状況と、成って、いれば、その状況を、脅威に、感じるのは、当然と、想える。

 また、近年での『増悪的表現』では、前出の免疫学で、例えるならば、『 Allergie の状態』と、想える。

語句
・Allergie
 ・Wikipedia

参考
・かっこう
 ・Wikipedia
 ・残酷な子育て「カッコウ」の托卵
  ・ DEF VIDEO( YouTube )

・托卵
 ・Wikipedia

米国の事例 Detroit 問題

 自動車、等を、中心とする、工場的産業が、盛んで、多くの労働者を、抱えて、いた。

 近年(僕の認識だと、約20年ぐらい、前から)、自動車産業も、『(甲)製品の品質が、良過ぎ(ると、「買い換え、無く、成るが、故に、売上率が、低く、成る」*1と、言われて、いる)、(乙)資本的な豊かさも、低迷するに、至り、(丙)安い、労働力を、海外の調達で、図る(工場を、途上国へ、移転、等:それによって、現地国の経済性、及び、資本性の発展にも、貢献が、可能で、企業の宣伝にも、成る)』との傾向から、工場の縮小に、至り、『残された、移民系労働者(労働力)の不良化』が、問題視されて、いる。

 更に、『(1)産業の機械化』、『(2)人工的知能( AI : Artificial Intelligence )の導入』で、人材よりも、精密な作業を、行う、Robot の需要が、高い、時代を、迎えて、いる。

 なお、それら未来産業的環境の『皮肉(ひにく)』とも、想える、GAME( Detroit: Become Human )*2 が、人気にも、成って、いるが、他にも、以前から、映画 『 The Matrix 』、等でも、『労働力の変化(進化)と、人の存在的価値』が、問われる、未来を、想定された、物語が、意外に、多く(漫画でも、手塚治虫の各作品、松本零士の『銀河鉄道999』、等が)、公開されて、いる。

語句
・Detroit
 ・Wikipedia

・Robot
 ・Wikipedia

・Detroit: Become Human
 ・Wikipedia
 ・YouTube

隷従化の工作

 『米国による、軍人の募集でも、問題視されて、いる』が、本邦だと、『消費者金融の利用を、民に、勧める、工作』が、問題視された、時期も、有り、本件と、類似する、工作(民の隷従化を、図る)の一端と、判断するにも、至って、いる。

 本節の詳細は、又の機会に、、、。

*1:この問題を、緩和する、目的で、故意に、機械化作業を、行わず、人材に、作らせ、購買率を、上げる、目論見(戦略)も、有ると、想われ、つまり、「労働者が、自分で、作った、物を、好んで、購入の検討を、行う、『購買の心理』を、目論んで、いる」と、想われる。また、同等の戦略(目論見)に、携帯の電話、等の家電、食品、等も、有るが、逆に、「製造物の品質が、悪い、事を、人材が、知って、いる」と、購買率が、落ちる。
*2:僕は、他者の Play を、YouTube で、確認を、行って、いるが、入手の検討は、現状だと、無い。