記事一覧

米国民の半数以上がIraq戦争に反対をしている?

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2007/11/10(土) 午前 9:43

ファイル 9331-1.jpeg

今回の写真

(∇〃) .。o(この画像は、Internet上で拾って来た物です♪)

「この写真の子が、好みだなぁ~♪」

(∇〃) .。o(それって、うさぎ図鑑でないの?♪)

米国の世論調査

 どう言うわけか、最近急に米国における現行大統領への
不信任を記事とするような内容のNEWSが増えているけども、
その理由が不明確である。

 今更に始まったことでわないのですが段階的にIraqへの
出兵を、早期に退却させたいという民衆的な目論見などが
あるようです・・・(。-`ω-) ん~♪

<参考 CNN.co.jp>

当てにならない世論調査

 そもそも統計学自体が当てにわなら無いと想っている私!
当然の事ながら、今回での統計も例外でわない。

 数学的な統計だと、比較的に近い数字だ出るのですが、
どうも世論的な場合においては、その基礎が偏っていると
言う事から、妙な方向にと贔屓される。

 これは、米国に関してだと情報操作と言うことがあて、
更に宣伝効果などを含めて有益と成ることも解っている。

 それらの観点から、平然と情報操作や宣伝工作などを
行うらしいのですが、近年でわ日本国でも各政治性当の
党首による、政党一押しの主張を行ったりしているが、
その効果が、どこまであるのかわ不明である。

軍事費と支援金の関係

 現行における日本国の台所事情も深刻な状態ですが、
それ以上に米国の経済市場が、深刻になっている。

 更に付け加えると、本日以降で5年以内に米国内で、
何だかの暴動が発生する事なども、予測されます。

 理由わ簡単で、Homelessの存在と、経済事情、そして
それにおける保護政策に関する問題などが原因となって、
群集的な暴動や、過剰なDemo行進などが懸念をされる。

 実の所では、日本国でもNEETの存在と、Homelessでの
存在が複合し、更に未就労者の団体が混合された場合は、
それも又、暴徒化する恐れがある。

 逆に、そうした世代が若く健全であって、本来ならば
仕事などへの意欲があるのだが、自分にあった仕事との
言う観点では、今一に自分の性格と、理想的な職場や、
実際の職場での自己評価的適性によって、微妙な心境に
立たされる事もある。

 最悪なのが、厚生労働省における雇用者と労働者との
紛争問題への取り組み軽視が二昔前から発生をしており、
更に、『労働者の派遣』と言う分野でも、複雑的な人員
関係によって、法規的な意味合を蔑ろにした雇用者と、
労働者の関係が指摘される。

 不法的な雇用関係があっても、労働者側にて、それの
不法性を把握していない限りでは、法律的にも問えず、
悪い事に、裁判所での法廷行為や、厚生労働省側にての
労働法での刑事的な活動に対して、動くが鈍いことが、
指摘される。

 又、その問題においては、私自身も改善のためにと、
自己救済を含めて、個人的に活動をしている。

SubprimeLending

 この問題における被害は、想った以上に日本国等でも
企業が損出を出していると話題になっており、当然母国
米国でも、深刻な経済状況となっている。

 企業における損失場響などが、NEWSによって日々に、
明るみになっている。

<参考 NIKKEI_NET>

米国で何が発生をしているのか?

 不思議なのが軍事介入までやっておきながらも原油の
高騰を引起し、更にわ異常気象、放火により大干ばつの
被害や、Hurricane(はりけーん)の災害を受けつつも、
少女の放火によって、森林が大火事にまで発展しつつ、
軍事用のHelicopterまでもが墜落、軍事Jet機も墜落し、
大騒ぎの状態になっている。

 しかも、その影響が日本にもあり、原油高騰における
一般市場の早期便乗値上げが発生し、SubprimeLendingの
損失報告として、徐々に金融機関が損出を公開している。

 日本国においては、三月決算などの期日も控えており、
それにおける株価の問題などにも、大いに注目がされる。
特に金融機関への注目は、かなり関心が高まっており、
巨額な損出を、どの様に穴埋めするのか心配されている。

ところで米国軍は、Iraq戦争を撤退するのか?

 一番肝腎なところは、軍隊の撤退がありえるのか?と
言う点に、注目が集まっている。

 これにおける問題では、現行の大統領配下にて米国の
軍事活動に有益性があるのかが問われる事となっており、
少なくても、米国国民の多くがIraq戦争を支持しないと
言う観点においては、米国におけるIraq戦争の有益性が、
広く米国民にも、見出せない状況にある事がわかる。

 更に現行の米国大統領も、最近になってIraq戦争への
話題を、自らが直接に話さないようになった感じもする。

 私が一番に警戒をしているのが、Russiaが世界市場に
参入をして居る点と、中華人民共和国でも、民間を通し
世界市場に参入を徐々に始めている点である。

 共産圏側は、欧米諸国を、双方の立場で牽制している
状態にあって、るあらゆる部分での競争が発生をしてる
状況にある。

 しかし現在の日本でのMass Mediaが、共産圏によって
介入されているし状況響を、詳細にわ取上げておらず、
むしろ関心を抱いていないのが現状。

 つまり、そうした情報の不正確性おもが更に日本国の
経済の復帰力を阻害している。 

 市場では、情報によって大きく左右され、その情報を
十分に収集できないと、売買の時期において損失などを
発生させてしまう事にと、繋がってしまう。

 そう言った意味では、政治における情報収集よりも、
市場における利益への教法収集の方が実益的に最終戦を
されるのかと想われます。

これで米国軍がIraqから撤退をすると?

 国内に、軍人が余ることによって、暴動が発生をする
率がむしろ高まってしまうと言う、八方塞の状態にと、
陥ってしまう事になる。

 既にEU圏での経済事情も逼迫をしており、唯一での
頼みの綱が、『原油取引にある』ことを考えるならば、
もしかすると、予想以上に経済的な損出が発生する事に
なるのかもしれません。

日本は、経済低迷でも大丈夫?

 日本国は、既に日経平均を8000円代まで一時的に
引き下がった事も経験しており、それにおける免疫力が
期待される。

 後の日本国では、本当の意味で経済が問われる!